最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

ミニカー少年

その日は,会社が定時で終わった日でした.

 

 

帰りに街の商店街のところに自転車を置くと,

 

目の前を幼稚園生くらいの男の子

 

たとたどしい,足つきこちらに向かって歩いてきました.

 

 

 

もう大分暗くなり,はじめはよくわからなかたtのですが,

 

お店の明かりで照らされた手元には

 

しっかりとミニカーを握っているのでした.

 

 

右手に1台,左手に1台.

 

 

そして何かぶつぶついいながら,手を交互に

 

出したりひっこめたりしながら,

 

こちらに向かってくるのでした.

 

 

レースでもさせているのかな?

 

 

わたしはその子の進路をふさがないように

 

身体をひねって,横になりました.

 

 

むこうからお母さんがこっちにいらしゃいと声をかけるのも

 

聞こえてないようでした.

 

 

なんか,子どものころの自分を思い出してしまいました.(^。^)

 

2011年10月27日 (木)

横浜トリエンナーレ 2011 (9)

 

メイン開場を外へ.

 

お腹が空いたので,

 

屋台で買おうと思ったら,

 

行列でした.....

 

横手やきそば....食べたかった.....

 

Bqa090828

 

Bqa090830

 

メイン開場を後に,次の日本郵船海岸通倉庫開場へ.

 

無料の循環バスが出ていますが,混んで30分以上待つらしいとのこと.

 

わたしは,この辺りはなれているので,

歩いていくことに.

 

土でつくったカバ?

Bqa090831

 

くずれかかっているところが,おもしろいですね.

Bqa090832

 

塩の結晶?ですか??

Bqa090835

 

ということで,横浜トリエンナーレ2011はこれでおしまい.

 

だんだん,展覧会の規模は小さくなってきていますが,

今回は,現代アートにしてはわかりやすい方だったかもしれませんね.

時が楽しみです.

 

おしまい.end

2011年10月26日 (水)

横浜トリエンナーレ 2011 (8)

 

メイン開場も,ほぼ終盤.

Bqa090823

 

1階ロビーにもどって.

 

透明な,アクリルだかガラスの迷路がありました.

 

オノ・ヨーコさんのさくひんだそうです.

Bqa090826

 

迷路の真ん中に電話があって,

オノ・ヨーコさん本人から,

電話がかかってくることがあるそうです.

 

スタッフから以下の事前に注意を配られました.

 

Bqa090825

 

並んで,迷路に入って,

 

中央へ.

 

電話といっても,普通の電話.

 

ちょっとがっかり.

Bqa090827

 

つづく

 

2011年10月25日 (火)

横浜トリエンナーレ 2011 (7)

 

籠の中に人の顔が....

Bqa090812

 

ガラス玉と,映像はシャボン玉でした.

Bqa090816

 

落石注意の下は,本物の隕石だそうです.

Bqa090819

 

つづく

 

2011年10月24日 (月)

横浜トリエンナーレ 2011 (6)

 

次の部屋へ.

Bqa090807

 

さすが,現代アート.

 

不思議なものが多いですね.

 

Bqa090808

 

Bqa090810

 

つづく

 

2011年10月23日 (日)

横浜トリエンナーレ 2011 (5)

 

電球のオブジェがいっぱい

Bqa090804

 

Bqa090806

 

なんかきれいですね.

 

つづく

 

2011年10月17日 (月)

しっかりしてよ お父さん

 

先日,電車から降りる時のことでした.

 

 

週末だったこともあり,そこそこ混んではいたものの,

 

吊革全てふさがるといったほどのものでもありませんでした.

 

 

また,お出かけをした子供連れや,おじいちゃんおばあちゃんも

 

それなりに乗車しているような状況でした.

 

 

わたしは車両の中央あたりに座っていました.

 

そして駅に着いたので降りようとしましたが,

 

進路に親子連れが立っていました.

 

 

お父さんに小学校高学年ぐらいの女の子

 

 

お父さんは肩にバックをかつぎ,わたしには背を向けていました.

 

 

 

 

降りるので「すみません」と声をかけようとすると,

 

その女の子が口を開きました.

 

 

「しっかりしてよ お父さん」

 

 

「そこにいたら,ひとが降りれないじゃない」

 

 

「大人なんだから」

 

 

いやぁ~,脱帽です.

 

小学生の女の子にしてはしっかりしすぎです.

 

というか,お父さんが優しすぎるのかな??(^。^)

 

 

end

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月15日 (土)

横浜トリエンナーレ 2011 (4)

 

今度は,こんなオブジェ.

 

木の枠に色のついた透明なプラスチック?

 

Bqa090796

 

 

Bqa090798_2

 

上方にライトがあって,

 

一定間隔でゆっくりと,明るくなったり,暗くなったり,

 

ご覧の通り影が現れます.

 

Bqa090800

 

なんか床に敷き詰められていますね.

 

Bqa090801

 

2001年に実施された,第1回のトリエンナーレで似たような作品がありました.

 

周りの作品に気をとられていると,足に違和感が.

 

何か踏んづけたみたい.....

 

床のデザインだと思っていたら,なんと”飴玉”でした.(^_^;)

 

 

今回は,食品ではないみたいです.

 

つづく

 

2011年10月13日 (木)

横浜トリエンナーレ 2011 (3)

 

チケットをやっと購入して中へ.

 

でもここのロビーはロハみたいです.

 

Bqa090789

なんか,ぐるぐると渦をまいたオブジェが.

 

何か作者の意図があるのでしょうけど.

 

わたしの現代アートの観賞のしかたは,そのなのはおかまいなく,

 

ただ,びっくりし,おもしろがれればいいのです!(^。^)

 

Bqa090790

 

あっ,そうそう,

 

前回のトリエンナーレからなのですが,

 

開場のほとんどが撮影cameraOK!

(動画movieはNG,もちろん撮影cameraNGのところはそのように表示されています.)

 

運営方針が変わったのでしょうか.

 

 

 

チケットにスタンプを押してもらって,有料スペースへ.

 

なんか,きらきらひかるオブジェが

 

Bqa090793

 

よくよくみると,金属の部品を丸く固めてたものみたい.

 

Bqa090794

 

つづく

 

2011年10月12日 (水)

横浜トリエンナーレ 2011 (2)

 

メイン会場である,ここ横浜美術館の開場は,11時.

 

わたしは,11時ちょい過ぎぐらいに着いたのですが,

 

もうこんなに並んでいました....(^_^;)

 

Bqa090780

 

並ぶか,並ばないか迷って....

Bqa090783

 

開場前を行ったり来たり.....

 

せっかくここまで来たのだから,並ぶことに.

 

でも,約1時間?近く並ぶことになりました...

Bqa090788

 

この一群のオブジェの中では一番かわいらしい...

Bqa090779

 

つづく

 


2011年10月10日 (月)

横浜トリエンナーレ 2011 (1)

 

久しぶりに横浜に行って来ました.

 

 

そう,今開催中の横浜トリエンナーレ2011を見にですね.

 

横浜で3年おき

 

(実際は,資金dollarの関係でこれまで開催されたのは,2001年,2005年,2008年)

 

に開催される現代アートの国際展覧会です.

 

現代アートは苦手なのですが,

 

この横浜トリエンナーレは規模もそこそこ大きく,

 

それなりに楽しめるのです.

 

 

横浜駅train東口を出ると,

 

わたしが神奈川に住んでいたころに建設をはじめたばかりだった,

 

日産自動車グローバル本社ビルbuildingが出来上がっていました.

 

向うの楕円の建物は,富士ゼロックスビルbuilding

Bqa090768

 

歩いて,横浜ジャックモールを過ぎると,また新しいビルbuildingが建っていました.

 

まだ入居はしていないみたい.....

Bqa090771

 

そして,横浜トリエンナーレメイン会場の横浜美術館へ.

Bqa090782

 

Bqa090784

 

とてもユニークなオブジェが迎えてくれました.

 

つづく

 


2011年10月 2日 (日)

わがままな?電波時計

 

うちに,目覚ましの電波時計

 

(針があって,鐘がついているclock)が

 

1つあります.

 

もう買ってからだいぶ経つのですが,

 

まじめに働いてくれない.

 

電波時計clockを持っている方はご存じでしょうが,

 

電波がちゃんと受信できないと,

 

スカポンチンになってしまうのです.

 

それを購入した時,

 

住んでいた建物が鉄筋コンクリートbuildingだったから,

 

なかなか電波を受信してもらえず,

 

ベランダにしばらく放置していました.....

 

(これでは,時間を確認できない(^_^;))

 

そしてやっと,正確な時間を示すようになったのですが,

 

部屋の中だとやっぱりダメ.

 

この時計,ご丁寧に

 

1時間置きに電波を受信しようとします.

 

そうすると,秒針がへんな動きをして

 

(時間合わせの調整だと思いますが),

 

時間が読みにくくなります.

 

 

 

ある日事件は起きました.

 

朝目覚ましがなって,急いで支度をして家をでると,

 

いつもとちょっと様子が違います.

 

どうしたんだろう?

 

駅についてわかりました.

 

いつもの駅ではないのです.

 

駅の電光表示に,いつも乗る電車が表示されていないのです.

 

「遅刻だ!!」 (@_@;)

 

そう駅についた時間がいつもより遅れていたのです.

 

その日,家に帰ってみるとその電波時計は

 

とんでもない時間を示していました.

 

何がどうなったかはわかりませんが

 

受信した電波を誤って翻訳?し,

 

わざわざ誤った時刻を

 

表示してくれていたようなのでした.

 

 

その事件から数年間,

 

その時計をだましだまし使ってきました.

 

それが,最近

 

新たな電波時計clockをゲット

 

する機会を得ました.

 

デジタル表示で,受信感度は良さそうです.

 

先の目覚ましくんの存在意義はなくなりました.

 

来週の燃えないゴミの日にでも出すとしますか.

 

でも,お別れとなると彼の表情もちょっといとおしいかも(^_^;)

 

Bqa020764

 

↑彼↑

 

end

 


« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »