最近のトラックバック

平積み大作戦

« 日本銀行 貨幣博物館 ① | トップページ | 日本銀行 貨幣博物館 ③ »

2011年5月17日 (火)

日本銀行 貨幣博物館 ②

恐る恐る手前の自動ドアをくぐると,またまた警備員さんがお出迎え.

いきなり,入管手続きを求められました.

手続きといっても,何人できたかと,在住都道府県を書くだけなんですけど.

そして,禁止事項「撮影cameraNGban,ケータイmobilephoneNGban,飲食riceballNGban etc」を説明されました.

 

入館は,無料

気軽に入られても困るから敷居を高くしているんでしょうね....

 

撮影cameraがNGbanなので,中の様子は写真ではご紹介できませんが,興味あるかたは,

日本銀行記入研究所貨幣博物館

まで.

中はそんなに広いというわけではありませんが,空いているのでじっくりと解説を読んでいくことができます.

所要時間は,1~2時間くらいでしょうか.

何も読まずに見るだけだったら,30分くらいで終わってしまう広さと内容です.

 

大昔の矢尻から,歴史でならった和同開珎(わどうかいほう)や,江戸時代の大判,小判などが展示されていました.

それから,1億円札束を持って重さを体感できるコーナーがありました.

(持ってみましたが,そんなに重いというほどではないですね)

(見学にきた)どこかのおばちゃんが先日起きた,「6億円盗難事件」について,これ6コ分を持っていくなんて.....なんてぼやいていました.happy01

 

Bq5140503

外に出て.....

三井住友銀行です.

 

つづく

« 日本銀行 貨幣博物館 ① | トップページ | 日本銀行 貨幣博物館 ③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/51675963

この記事へのトラックバック一覧です: 日本銀行 貨幣博物館 ②:

« 日本銀行 貨幣博物館 ① | トップページ | 日本銀行 貨幣博物館 ③ »