最近のトラックバック

平積み大作戦

« 旧古河庭園 ① | トップページ | 旧古河庭園 ③ »

2011年5月23日 (月)

旧古河庭園 ②

旧古河庭園は大正6(1917)年古河虎之助が経営した東京における大正初期の代表的庭園です.

Bq5210515

園は武蔵野台地の裾に入り込んだ低地を取り込み,土地の高低差を利用した和・洋両形式を巧みに使い分けた庭園です.

Bq5210516

洋風庭園は邸主の住居であるルネッサンス風の本館とそれを取り巻く方式庭や,花壇,芝生等からなり,イギリスの建築家ジョサイア・コンドルの設計です.

Bq5210517

ジョサイア・コンドルは,明治から大正にかけて,鹿鳴館,ニコライ堂,旧岩崎庭園洋館などを手掛けた建築士として有名です.

Bq5210519

 

つづく

« 旧古河庭園 ① | トップページ | 旧古河庭園 ③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/51741881

この記事へのトラックバック一覧です: 旧古河庭園 ②:

« 旧古河庭園 ① | トップページ | 旧古河庭園 ③ »