最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

プリン作りに挑戦 ①

 

最近,プリンにはまっています.

 

最初は,職場でおやつcakeとして食べはじめたのがそれなんですけど.

 

買って食べると,市販品は一個100円以上するし,食べたい時に買いに行かないといけない.

 

なので,自分で作ってみよう,ということになりました.

 

 

最初は,市販のプリンの素を買ってきて作ることに.

Bq4170489

 

近くのスーパーでは,1種類しか売っていませんでしたが,100円ショップにいくと何種類ものプリンの素が置いてありました.

 

 しかも税込105円sign01

 

とりあえず,豆乳ミルクプリンとキャラメルミルクプリンを買ってみることに.

 

作り方はいたって簡単.

 

牛乳taurusにプリンの素を入れ温めながらかき混ぜる.

 

そして,カップに入れて冷蔵庫で冷やすだけ.

 

な~んて,簡単なんでしょ.

Bq4180491

卵が入っていないため,あの独特なこってり感と甘さはありませんが,それなりにおいしくいただけました.delicious

 

ちなみに,写真cameraは豆乳プリン.

 

キャラメルミルクプリンは,レシピには牛乳を使うよう書いてありましたが,豆乳でトライ.

でも,ちゃんとプリンになりました.heart04

 

今度は,本格?プリンに挑戦です.

 

つづく

2011年5月26日 (木)

旧古河庭園 ⑤

 

Bq5210563

綺麗ですね.

Bq5210568

 

Bq5210577

超広角で.

Bq5210589

Fishfish Eyeeyeで.

Bq5210596

おしまい.end

2011年5月25日 (水)

旧古河庭園 ④

 

Bq5210550

この季節になると,新緑もまたいいですね.

Bq5210552

陽射しsunが強いです.

Bq5210554

 

Bq5210561

 

つづく

2011年5月24日 (火)

旧古河庭園 ③

 

Bq5210536

誰かが水をやったのでしょうか. 

Bq5210537

庭園の通路は狭く,人が多いので歩くのもやっとです.

Bq5210542

 

Bq5210548

 

つづく

2011年5月23日 (月)

旧古河庭園 ②

旧古河庭園は大正6(1917)年古河虎之助が経営した東京における大正初期の代表的庭園です.

Bq5210515

園は武蔵野台地の裾に入り込んだ低地を取り込み,土地の高低差を利用した和・洋両形式を巧みに使い分けた庭園です.

Bq5210516

洋風庭園は邸主の住居であるルネッサンス風の本館とそれを取り巻く方式庭や,花壇,芝生等からなり,イギリスの建築家ジョサイア・コンドルの設計です.

Bq5210517

ジョサイア・コンドルは,明治から大正にかけて,鹿鳴館,ニコライ堂,旧岩崎庭園洋館などを手掛けた建築士として有名です.

Bq5210519

 

つづく

2011年5月22日 (日)

旧古河庭園 ①

東京北区にある旧古河庭園にいってきました.

Bq5210599

天気sunもよく,ご覧のとおり門のところから行列が.

Bq5210600

 

Bq5210512

それもそのはず,ちょうど薔薇の季節なんですね.

Bq5210514

入ってすぐのところある,お屋敷.

 

 つづく

2011年5月19日 (木)

日本銀行 貨幣博物館 ③

日本橋をふらふら.

Bq5140494

日本橋三越ですね.

Bq5140505

おなじみ,ライオンです

Bq5140506

お江戸日本橋~♫note

Bq5140508

欄干にこんな像が.

Bq5140507

UPsign01

Bq5140510

ドラゴンsign02

 

<おまけ>

Bq5150511

貨幣博物館で,買った金の延べ棒チョコですdelicious

おしまいend

2011年5月17日 (火)

日本銀行 貨幣博物館 ②

恐る恐る手前の自動ドアをくぐると,またまた警備員さんがお出迎え.

いきなり,入管手続きを求められました.

手続きといっても,何人できたかと,在住都道府県を書くだけなんですけど.

そして,禁止事項「撮影cameraNGban,ケータイmobilephoneNGban,飲食riceballNGban etc」を説明されました.

 

入館は,無料

気軽に入られても困るから敷居を高くしているんでしょうね....

 

撮影cameraがNGbanなので,中の様子は写真ではご紹介できませんが,興味あるかたは,

日本銀行記入研究所貨幣博物館

まで.

中はそんなに広いというわけではありませんが,空いているのでじっくりと解説を読んでいくことができます.

所要時間は,1~2時間くらいでしょうか.

何も読まずに見るだけだったら,30分くらいで終わってしまう広さと内容です.

 

大昔の矢尻から,歴史でならった和同開珎(わどうかいほう)や,江戸時代の大判,小判などが展示されていました.

それから,1億円札束を持って重さを体感できるコーナーがありました.

(持ってみましたが,そんなに重いというほどではないですね)

(見学にきた)どこかのおばちゃんが先日起きた,「6億円盗難事件」について,これ6コ分を持っていくなんて.....なんてぼやいていました.happy01

 

Bq5140503

外に出て.....

三井住友銀行です.

 

つづく

2011年5月15日 (日)

日本銀行 貨幣博物館 ①

五月晴れsunということもあり,ふらっと出かけてみました.happy01

Bq5140496

そうそう,ここが日本の中央銀行,日本銀行buildingdollarです.

Bq5140497

場所は,東京日本橋.

週末だから人通りがありませんね.それにしても立派な建物buildingですね.happy01

Bq5140498

目的の場所は,この立派な本館ではなく,この前にある「貨幣博物館」

Bq5140500

 

Bq5140502  

こんな一等地なのに,閑散としていて,しかもなんか気軽に入れる雰囲気ではありませんんね~.

わたしは,警備員さんに

「今日やってるんですか??」

と聞いてしまったくらいですから.

つづく

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »