最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

神宮外苑いちょう祭り (2)

Bqb274926

プレートのないのは,トヨタ博物館のものだそうです.

Bqb274927

神宮のランドマーク聖徳記念絵画館.

Bqb274929

神宮名物いちょう並木.

Bqb274937

なるべくひとを写さないようにしていますが,この周りは大混雑.

ガードマンがハンドスピーカーで,車道に出ないように必死に呼びかけていました.

Bqb274940

 

つづく

2010年11月29日 (月)

神宮外苑いちょう祭り (1)

神宮外苑のいちょうが見頃を迎えているらしいということで,神宮外苑に足shoeを運びました.

Bqb274910

そしたら,スタッフジャンパーのひとがあちらこちらにいて,道路の一部を歩行者が歩けないようにしています.

なんだろう?

ひとの集まる方にいってみると.ご覧の通り

”クラシックカーフェスタ in 神宮外苑”

というのをやっているようでした.

Bqb274912

ところどころに,レトロな車carが.

Bqb274914

 

Bqb274916

ナンバーがついているのは,個人所有の車carです.

Bqb274921

コンパニオンさんheart04がいました.カメラcameraを向けたら旗motorsportsを持って笑顔で応えてくれました.happy01

 

つづく

2010年11月28日 (日)

函館の旅 (20)

Bqa304872

函館聖ヨハネ教会

Bqa304874

カトリック元町教会

Bqa304876

この建物には,日本で一番古いエレベータがあるそうです.

Bqa304882

ベイアリアに移動すると,旧倉庫を改装したショッピングモールが.

 

最終日.街中から少しはなれたトラピスチヌ修道院へ 

Bqa314891

不思議なことに,この敷地に内にあるルルドの泉(フランスのを模したもの)写真cameraをとっていると突然,レンズの絞りが動かなくなってしまいました.

着脱しなおしたり,ほこりをはらったりいろいろやってみましががNG.

なので,FishfishEyeeyeに交換し撮影することに.

 

ここを終えると,もうよい時間watchになったのでそのまま函館空港airplane

ということで,函館の旅はこれでおしまいend

ながながとありがとうございました.m(__)m

2010年11月25日 (木)

函館の旅 (19)

Bqa304862

再び旧函館区公会堂

Bqa304864

Fishfish Eyeeye

Bqa304866

八幡坂

Bqa304870

函館ハリストス正教会

Bqa304871

カトリック元町教会

 

つづく

2010年11月24日 (水)

函館の旅 (18)

今度は,ライトアップされた元町散策です.

Bqa304846

ところどころに,洋館が.

Bqa304848

旧イギリス領事館

Bqa304850

函館山を背に旧函館区公会堂

ちょうどこのころ,元町教会の鐘bellが辺りに鳴り響き,函館にきているだな~って気持ちにさせてくれましたhappy01

Bqa304853

旧開拓使函館支庁書籍庫

 

Bqa304857

旧北海道庁函館市庁

 

つづく

2010年11月23日 (火)

函館の旅 (17)

Bqa304833

旧イギリス領事館

Bqa304834

よく映画などに出てくる八幡坂

Bqa304839

函館ハリストス正教会

Bqa304843

 

Bqa304845

カトリック元町教会

 

つづく

2010年11月22日 (月)

函館の旅 (16)

Bqa304817

ご覧の通り,函館山から海に向かって伸びる坂が多くあります. 

旧ロシア領事館から少し歩いて元町公園へ.

Bqa304823

旧函館区公会堂

Bqa304826

 

Bqa304827

旧北海道庁函館市庁

Bqa304829

旧開拓使函館支庁書籍庫

 

つづく

2010年11月21日 (日)

函館の旅 (15)

Bqa304796

 

Bqa304798

JR北海道函館駅です.

Bqa304800

市電のハイカラ号ですって.昔の車両を再現したもののようです.

この車両には特別にかわいらしい女性の車掌さんが乗ってましたよ.

(写真はとりそのないました(^_^;))

Bqa304804

旧ロシア領事館.

Bqa304812

 

つづく


2010年11月18日 (木)

函館の旅 (14)

一旦函館駅へ戻ります.

Bqa304788

函館駅には,北海道新幹線bullettrainの工事予定が掲示されていました.

Bqa304789

なんか,昆布でつくった新幹線bullettrainが展示してありました.

Bqa304791

駅からすぐのところに,かつての青函連絡船が係留されていました.

Bqa304792

魔周丸shipですって.

Bqa304794

函館山です.

 

つづく

2010年11月17日 (水)

函館の旅 (13)

Bqa304767

 

Bqa304768

 

Bqa304769

 

Bqa304773

駒ケ岳をバックにイカ墨ソフトなり~delicious

Bqa304776

とリラックスしてたら,いきなり4頭のヒグマが!

Bqa304777

帰り道,大沼公園駅の線路を子猫ちゃんcatが歩いていました.

 

つづく

2010年11月16日 (火)

函館の旅 (12)

Bqa304744

 

Bqa304752

ハロウィンのかぼちゃ

Bqa304754

空気がきれいですね.

Bqa304757

ここ大沼は「千の風になって」noteの訳詞,作曲された舞台です.

Bqa304759

 

Bqa304766

 

つづく

2010年11月15日 (月)

函館の旅 (11)

Bqa304729

 

Bqa304735

公園内は,こんか感じで小さな島を結ぶアーチ橋がいたるところにあります. 

Bqa304738

 

Bqa304739

観光ボートshipが出ていますね.

Bqa304742

 

つづく

2010年11月14日 (日)

函館の旅 (10)

Bqa304715

 

Bqa304717

 

Bqa304720

 

Bqa304725

 

Bqa304726

 

つづく

2010年11月11日 (木)

函館の旅 (9)

しばらくは,大沼国定公園の紅maple葉をご覧あれ.

Bqa304699

 

Bqa304701

 

Bqa304702

 

Bqa304706

 

Bqa304712

 

つづく

2010年11月10日 (水)

函館の旅 (8)

Bqa304689

大沼から駒ケ岳を眺めます.

Bqa304694

 

Bqa304695

空は,微妙に曇りがかったりすることもありました.

Bqa304696

 

Bqa304698

 

つづく

2010年11月 9日 (火)

函館の旅 (7)

Bqa304682

駅前をのんびりと馬車が通過して行きました.

Bqa304684

紅葉にあいますね~

Bqa304687

 

つづく

2010年11月 8日 (月)

函館の旅 (6)

2日目の朝,天気予報は1日晴れsunの模様.

ということで,函館から特急で約20分.大沼国定公園へ行くことにしました.

Bqa304674

特急北斗train札幌行き 

Bqa304675

 

Bqa304679

紅葉mapleが出迎えてくれました!

Bqa304681

 

つづく

2010年11月 7日 (日)

函館の旅 (5)

五稜郭を出るころには,陽sunがずいぶんと傾いてきています.

この時期の函館地方の日の入りsunは16時半頃.

何を言おうが,やはり日没からのあのマジックアワーをこの目eyeで見,カメラにcameraおさめたいですよね.

 

さっそく,市電train五稜郭公園前駅まで引き返し,十字街駅まで向かいます.

十字街駅からロープウェイ山麓駅までは,坂を上って15分くらい.

この日は寒波+晴れsunによる放射冷却現象で陽が傾くと急に寒くなってきます.

 

坂を上っていると途中では,なにやら電気の工事をやっているようでした.寒いのにお仕事苦労さまです.

 

そんなこんなでロープウェイ山麓駅につくと.マジックアワーを体感するには最高の時間帯なのに,観光客が誰もいません.

 

なにやら,看板に文字が書かれているので,読んでみると.

 

「点検のため本日まで休業とさせていただきます」

 

 がーんweep

これでは,せっかくの写真cameraが撮れないではありませか.

さっきここまで来る途中の電気工事は,このロープウェイの点検だったのだ~.といまさら気づいても遅いですね.

 

ロープウェイ山麓駅の周りには,虎視眈々と?タクシーcarの運ちゃんが獲物を狙ってeyeいます.

 

函館山からの夜景shineは,明日でも撮れる....

BUT明日は,こんな良い天気sunになるとは限らない...

でも,タクシーcarを往復で使うのもねぇ~

 

そいうえば,函館駅前からバスbusもあったよなぁ~ということで,さきほど来た経路を逆戻りすることに.

 

函館駅に着いて,駅前のバスbus案内所に入って聞くと,17時には函館山行きのバスbusが出るとのこと.

でも,もう空は黄昏.函館山でのマジックアワーは諦めました.

 

わたし以外にもみなさん同じなのでしょう,案内所,バスbus停は17時近くになるにつれ,多くの観光客でいっぱいになりました.

こんなに人が多くてはバスbusに乗りきれないのでは...

 

案の定バスbusがきても乗り切れず,わたしを含め1/3はとりのこされました.

次のバスがくるまで,この寒い中30分またなくてはいけないのかなぁ~と思っていたら,なんとラッキーなんでしょう.急遽臨時バスbusを出してくれることになり,10分まつだけで,おまけに座ることもできました.good

 

このバスbusは車体自体は路線バスbusなのですが,特別に?女性の車掌さんが乗っていて途中でいろいろと案内をしてくれました.(なんか得した気分)

その車掌さんは普通に挨拶をしたあと,本日は週末であること,ロープウェイが点検で運航していないこと.函館山への道路の通行規制がなくなり一般の車carも乗り入れができるようになったことなどから,通常30分でいけるところを,2~4倍くらかかるかもしれないので予め了承してくれ.....というではありませんか.(バスbusに乗る前に言えよ!)

 

バスbusは函館山登山道の7合目くらいまではすいすいと進み,曲がるたびに函館の街の夜景shineが目に飛び込むと,乗客からウォーとの歓声が出たのでした.

 

結局,1時間強で山頂につくことができ(約定時の2倍)ました.

 

外にでると,もう凍えんばかりの寒さです.

 

わたしは三脚を出し,カメラcameraをセットし身体を震わせながら撮りました.

Bqa294648

今回はブログの制限ぎりぎりの大きさで,UPしてみました.画面クリックしてみてね.

 

つづく

2010年11月 4日 (木)

函館の旅 (4)

夜間撮影shinecameraのため,ちょいと厚着をしてきたので,しかも建物内は暖房がきいているので暑いくらい.

Bqa294622

ということもあり,北海道名物?夕張メロンソフトクリーム on the back of 函館山delicious

Bqa294630

五稜郭タワーを降りると.五稜郭内へ入っていきます.

この建物は,今年できたばかりの函館奉行所だそうです.

Bqa294634

紅葉を手前に.

Bqa294635

五稜郭のお濠です.大砲による戦にそなえ,西洋の城塞を模して造ったものなのだそうです.

Bqa294636

ここ五稜郭は,箱館戦争の最後の舞台,封建制度終焉の象徴になってしまいました.

 

つづく

2010年11月 3日 (水)

函館の旅 (3)

市電trainに乗って,五稜郭へと向かいます.

市電というだけあって,運営は函館市.運賃は,200円~250円で,1日乗車券(600円)を買えば1日乗り放題です.

1日乗車券は3回乗ればもとがとれるのでそれなりにリーズナブルだとは思いますが,単発で乗る場合,200円は決して安くないですよねぇ~.

だって,似たような土地柄の長崎の場合,昨年値上げして,それでも120円ですから.

民業(路線バス)圧迫しないように設定しているのかも.

Bqa294610

五稜郭の入り口付近に真新しいタワーが.

なんでも,2006年竣工だとか.新しいわけですね.

Bqa294612

展望台(地上90m)からの眺め.

星形がよくわかりますよね.

Bqa294615

展望台から,函館山を眺めます.

ちなみに,写真cameraはモノクロにしてみました.

Bqa294619

展望台の内側.

Bqa294620

土方歳三

 

話しはかわりますが,函館にくる機内airplaneで,「坂の上の雲」撮影スケジュールなるファイルを手にもった方を数名見ました.

わたしは,NHKドラマのそれを見ていないのですが,函館も舞台なのですかね~?

 

五稜郭タワーの展望台にNHKのロゴの入った大きなテレビカメラが三脚に乗せられ五稜郭を狙ってましたが,下を見る限り撮影スタッフらしきひとたちはいませんでした.残念.

 

つづく

2010年11月 1日 (月)

函館の旅 (2)

函館空港から函館市街にはリムジンバスbusで約20分.

Bqa294600

依然とくらべると,函館空港もずいぶんと奇麗になりました.

 

Bqa294604

函館駅から函館山を眺めます.

Bqa294607

とりあえず,函館市電trainに乗ってみましょう.

 

つづく

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »