最近のトラックバック

平積み大作戦

« カウチ・ポテト | トップページ | 妙見さま-その弐- »

2010年3月14日 (日)

妙見さま-その壱-

 

先日本屋でなにげに棚を眺めていたら,装丁がかわいらしいheart04bookをみつけました.

「日本の神様事典」

帯には日本の神話の原点がわかるsign01

と書いてありました.

Book

中身をパラパラとめくると,で日本の八百万(やおよろず)の神々がかわいらしいheart04イラストで解説されているではありませんか.

へぇ~こんなのがあるんだ・・・

わたしは,初詣や旅先で神社仏閣にお参りすることはありますが,いつもそのいわれはよくわからず,というか,境内に説明の看板があってもやたらとむずかしい漢字thinkと「○△※&#ミコト」とやたらと長い神様名に敬遠thinkしていたのでした.

昨年あたりから,わたしのなかではメジャーupタケミカヅチノミコトをみてみると,建御雷之男神(タケミカヅチノオノカミ)となっていました.

別名:武甕槌大神,鹿島神,武甕追神

所属:春日明神

守護分野:国土平定,武芸

出典:古事記,日本書紀

同一視されている神:経津主神(ふつぬしのかみ)

なんか,ロールプレインゲームのキャラクターの説明をみているみたいでおもしろい.

ということで,なんか日本の神様がみんなとってもユニークで身近な存在に思えてきて,買って帰ってハナクソでもほじりながらみてみよ~っとということにしました.

 

で,あらためてはじめのほうからパラパラとbook眺めてみると,

天地初めて,発(ひら)けし時,高天原(たかまのはら)に成れる神の名は天之御中主神(あまのみなぬしのかみ)

と古事記に記載とあります.解説によると

全てを包括する宇宙そのもの,最高神

なんだそうです.

へぇ~そんなぁ神様いたんだぁ

わたしは,てっきりアマテラスオオミカミがそれかと思っていました.

また,あまりにも崇高で生活に関係ないため主祭神とする神社は少数なんだとか.

で,この天之御中主神(あまのみなぬしのかみ)をお祭りしている神社はというと,妙見さまというわれるところだそうで(やっとタイトルにたとどりついた(^_^;)),どこにあるのだろうとネットで検索pcしてみました.

 

 つづく

« カウチ・ポテト | トップページ | 妙見さま-その弐- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/47812172

この記事へのトラックバック一覧です: 妙見さま-その壱-:

« カウチ・ポテト | トップページ | 妙見さま-その弐- »