最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

桜咲く 2009 (その2) -播磨坂-

 

桜開花情報をもとに,文京区播磨坂桜cherryblossom並木に行ってまいりました.

場所は,東京メトロ丸の内線subway,茗荷谷(みょうがだに)駅から徒歩5分.

天気予報では,晴れsun時々曇りcloudということでしたが,どんよりcloudとした感じ.

風が強くしかも冷たい.

情報では,”満開”でしたが,それは一部の桜cherryblossomのみで,ほとんどがまだ5部先程度でした.

Bq3280473

写真cameraもあまり映えないので,レタッチソフトで遊んでみました.

Bq3280477

なんか,まるで早朝(双鳥)chick

Bq3280481

人が少ないので,幻想的にしてみました.

Bq3280486

スポットライトがあたっているようです.

Bq3280494

地元の高校生の和太鼓演奏がありました.

Bq3280501

Bq3280514

絵画みたいでしょ.

 

 

 

 

というわけで,桜cherryblossomはもうチョイといったところでしょうか.   

2009年3月22日 (日)

桜咲く 2009

 

上野公園へ行ってきました.

 

Bq3210341

久しぶりに,”かはく”(東京国立科学博物館の略称)に入ろうと思いましたが,「大恐竜展」をやっていて,ご覧の通り.

あきらめて,噴水のある広場へ.

Bq3210354

そしたら,咲いていました!cherryblossom咲いていました!cherryblossom

まだ,ぽつぽつなんですけどね.

Bq3210357

噴水広場の正面,東京国立博物館schoolへ.

この日は,めずらしく企画展をやっておらず,ご覧の通り閑散としていました.

Bq3210360

裏庭が解放されていました.

Bq3210376

咲いていましたcherryblossom 咲いていましたcherryblossom こにも

Bq3210387

裏庭を周って館内へ.

禁止マークのところを除き,撮影cameraOK(フラッシュ,三脚NG)です.

Bq3210388

Bq3210390

本館裏庭側のエントランス.

Bq3210393

天井の照明です.

Bq3210397

ぴーひゃらnote ぴーひゃらnote 踊る埴輪にござ~い

Bq3210416

噴水の広場から,御徒町方面へメインストリートを下るとちいさく可憐に咲いていました.

カメラを向けていると,初老の外国人夫婦が横にいて,その旦那さんほうが,”Sakura?”と声をかけてきました.

わたしの思っているサクラ(=ソメイヨシノ)ではないし,でもちゃんとした名前もわからないので,「メイビー,サクラ」と適当に応えると,"Fake?" などと小声で言っています.

いくらなんでも,「フェイク」はないだろうと思っていると,周りでコンデジを向けていたOL風の女性が,「ヒガンザクラ」とこちらに助け舟?とも思える言葉をかけてきました.

とりあえず,「ア カインド オブ サクラ」とテキトーに言い直しましたが,”a kind of SAKURA......”と怪訝そうにして,立ち去って行きました.

サクラにもいろいろな種類があって,これはその中の一つで・・・と,いまの錆びついた小生の英語力ではとっさには言えませんでしたweep

"kind" も"種"という意味があるのでしょうが,この場合は,"a kind of SAKURA"は,「いわゆるサクラ」になってしまうのでしょうね~・・・・ やっぱ,"species"でしょうか.

 

そう,この日,東京ではサクラcherryblossomの開花宣言がされたそうです.good

 

2009年3月 1日 (日)

鹿男あをによし

 

”My シカ” じゃなかった

が,My Boom upです.

 

もとはといえば,去年の今頃フジテレビ系列でやっていたドラマtvをちょいと見たのがきっかけなんですけどね.

 

途中からなんですけど,ついつ夢中になってしまって,最終回まで見てしまいました.

 

でも,残念なことに初めのほうの回を見てなかったんですね.

 

先日,レンタルビデオ屋さんで半額キャンペーンをやっていて,たまたま棚の中にそれを見つけたんですよ.

 

何気ない気持ちで,最初の1つだけを借りてたのですが,夢中になって結局1話~10話まで全部見てしまいました.

 

それだけでなく,原作本bookを買って,それも読んでしまいました.

 

Book←そうこれです.

表紙はマンガちっくではありますが,れっきとした小説です.

わたしは,小説類はあまり読まないほうなので知らなかったのですが,いろんな書評で大絶賛だったらしいですね.

 

あらすじ全てを紹介してしまうと,これからドラマを見たり,本を読んだりする方に失礼なので,冒頭だけ・・・

 

あることから,大学の研究室schoolにいた”おれ”が臨時教員として奈良の女子高schoolheart01に赴任することとなる.最初の授業の時,遅刻してきた生徒にいきなり「My鹿が駐禁をとられたから」とわけのわからないことをいわれ,鹿からは,人間の言葉で話しかけられる.「さあ,神無月だ---出番だよ,先生」

なんかおもしろそうでしょ.

それとは関係ないのですが,佐倉にある国立歴史民俗博物館buildingに行って来ました.

Bq2280298正面です.

Bq2280309土偶です.

ユニークですね.

Bq2280312これも.

Bq2280313おなじみ,遮光器土偶ですね.

Bq2280317「鹿男あをによし」にも登場する三角縁神獣鏡です.

Bq2280318

Bq2280320三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)の解説です.

Bq2280321「篤姫」にもあった,安政の大地震の解説です.

右下がオオナマズですね.

Bq2280322「鹿男あをによし」では鹿島大明神が頭を押さえていましたね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<おまけ>

Bq2280331そうそう,歴博では,古代カレーを食べてきました.delicious 

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »