最近のトラックバック

平積み大作戦

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | ばけたん »

2007年7月 8日 (日)

となりのクレーマー

晴耕雨読.

 

出かけるのもいいですが,家でゆっくり本を読むのもいいですね.

 

02785464←今日ご紹介する本はこちら.

となりのクレーマー
     「苦情を言う人」との交渉術

関根眞一著 中央公論新社刊

著者は西武百貨店のお客様相談室長をされていた方だそうで,タイトル通り,本の中身はクレームの事例が約7割を占めています.

 

これがもう,読み始めると,もうドキドキしてぐいぐいと読み進めてしまうんですね.

 

それでは,目次の一部をちょい紹介

第1章 クレーマー物語
 第1話 婚約指輪
 第2話 60日の攻防・・・そして
 第3話 ヤクザとの対決
 第4話 軟禁事件
 第5話 婦人服売り場の怪事件,三題
 第6話 賞味期限
 第7話 靴下問答
 第8話 2人のクレーマー~銀行員と公務員
 第9話 被害額は2円

第2章 苦情社会がやって来た!

第3章 クレーム対応の技法

 

なんかおもしろそうでしょ.

「おもしろそう」なんて,失敬な・・・対応している人は真剣で,冷や汗ものなのですから.

 

これを読むと,世の中には客という立場を利用して平気でたかるひともいるんだなぁと思いました.本人は合理的な主張をしているつもりなのかもしれないけど.

サービスを提供する側も,自分の目先の利益を優先させてたり,丁寧さを欠いた対応をするとつけこまれてしまうようですね.

 

自分もクレーマーにならないよう,また仕事やすべてのことにおいて周りが気持ち良い状態でいられるよう,心を込めて丁寧に誠実に対応していきたいものですね.

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | ばけたん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/15685604

この記事へのトラックバック一覧です: となりのクレーマー:

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | ばけたん »