最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

横浜三渓園の蓮

 

横浜三渓園に遊びに行ってきました.

 

この時期は,そう蓮が見ごろなんんですね.

 

三渓園ではこの時期の土日に限って,早朝観蓮会として朝6時から入園可能となります.

わたしは,朝4時起きで支度をし,6時半ころには現地に着きました.

Bp7293999蓮は早朝から開花し始め,朝7時ころがピークを迎えるそうで,それで朝6時からの開園となるわけですね. (画面クリック)

 

現地に着いてみると,かなりのひとがきていました.

でも,残念ながら花そのものよりも葉の勢いの方が強くて花が目立ちません.

それに,(よく見える)蓮池の淵にさいているものは数が少なく,また綺麗に咲いているものはほとんどありませんでした.

Bp7294017←その数少ないひとつ. (画面クリック)

 

 

 

 

それにしても,蓮って高貴で優雅ですね.

2007年7月27日 (金)

雨の上高地

 

休みが取れたので信州に遊びに行ってきました.

 

目指すは日本有数の山岳リゾート上高地

 

河童橋からの穂高を見上げるあの絶景が見たい!写真を撮りたい!

と思ったのが,約10日前

 

さっそく宿を探すも,上高地,またはその近辺はもう満杯.

そこで,少し山からは下ってなんとか松本に宿を取ることができました.

 

移動手段は....わたしのいるK市から電車で行くのはちょい不便.

そこで高速バスで行くことにしました.

 

ザックの中に,カメラ,レンズ,フィルター,着替え,防寒具,雨具等を入れ,三脚をザックの背中に結びつけ,けっこうな重さを背負い通勤時間をさけ新宿へ.

 

新宿からの高速バスはすいすいと3時間ちょいで松本に着きました.

松本の天気は曇り.気になるのは目的地の天気です.

天気予報では,ついこのあいだまで曇り時々晴れ.

それが松本に着いてみると,夜中から未明にかけて雨とか.

天気概況で韓国から新潟にかけてある前線が南下してきており天気は下り坂・・・・

 

祈るような気持ちで,朝を向かえ6時には宿をでました.

天気は曇り.

上高地に行くには,まず松本駅から松本電鉄で新島々(しんしましま)駅まで行きます.

 

Bp7263845←松本電鉄松本駅

Bp7263843←松本電鉄上高地線

ワンマンバスならぬワンマン電車です.まるでバスのように途中乗車用に整理券が発券されます.

 

 

 

新島々駅に行く途中で雨が降ってきてしまいました.

 

Bp7263849←新島々から上高地へ向かうバス

雨だからか,朝早いからか同上する観光(登山)客は10名もいませんでした.

 

山の方を見上げると,ガスっていて何も見えません・・・・

 

新島々から目的地までは約1時間ちょい,

山道をくねくねしながら登っていきます.

 

 

8時すぎくらいに上高地の入り口である大正池に着きました.

あいにく,さきほど小雨だったのが本降りになってきました.

ここまで来たからには,むざむざ引き返すわけにもいきません.

わたしは,ザックからレインスーツを出し,カメラにはシャワーキャップを被せ予定通り上高地散策をすることにしました. 

Bp7263852←大正池

晴れていると向こうに焼岳が見えるらしい.夏は大変混雑するらしいのですが,観光(登山)客はぽつぽつとしかいません.

 

まずは梓川沿いの自然道を歩いて,(晴れていれば絶景なはずの)河童橋へ.

 

Bp7263854 ←穂高連峰の解説板 (画面クリック)

雨はかなり降っています.晴れていれば穂高が見えるらしい・・・

 

 

Bp7263856 ←田代橋

河童橋までの中間地点です.全く人気がありません・・・

 

 

 

Bp7263858 ←田代橋手前に案内板兼休憩所がありました.

レインスーツに傘,みなさんこんなかっこうで歩いてます.

 

 

 

Bp7263859 ←暗雲が立ち込めてますね. (画面クリック)

写真上部のもじゃもじゃはカメラ保護のためのシャワーキャップが写ったものです(気にせずに).

 

 

 

Bp7263864 ←河童橋です. (画面クリック)

1時間半くらいかかって,やっと河童橋に着きました.

雨がひどく,ひとがほとんどいなかったので梓川が増水したらどうしよう・・・とも心配しましたが,河童橋にくるとごらんの通り,かなりのひとが来ておりました.

また,うっすらと陽が差してきました.

 

Bp7263878←梓川左岸道 (画面クリック)

河童橋で少しは天気は回復したものの,残念ながら奥穂高は雲にかかって景色は見えず.

わたしは,次の目標である明神橋へ向かって歩きはじめました.

河童橋から明神橋までの梓川左岸道はご覧のとおり鬱蒼とした林の中を歩いていきます.

 

 

Bp7263882←明神館前

明神橋目前!でも雨がまた激しくなってきました.

 

 

 

 

Bp7263885 ←明神橋 (画面クリック)

ここも絶景ポイントらしいのですが・・・

 

 

 

Bp7263899←明神池 (画面クリック)

明神橋の右岸側に明神池・穂高神社奥宮があります.

先ほどまで,本降りだった雨が鳥居をくぐったころから,止み始め,うっすらと陽が差してきました.

「神が降りたる池」にふさわしく,神秘的な空気を醸し出していました.

 

ここからは,今度は梓川右岸を下って再び河童橋へ

 

Bp7263912 ←梓川右岸の渓流 (画面クリック)

とても美しいですね.水音がとても心地よいです.

 

 

 

Bp7263927 ←少しだけ,雲が晴れた一瞬 (画面クリック)

ということで,12時半くらいに河童橋にもどってきました.

もうそのときは,足の小指が痛くて痛くて・・・(靴選びを間違ったか・・・・)

 

 

Bp7263931←上高地バスターミナル

帰路は,河童橋から少し下流側にある上高地バスターミナルから.

観光(登山)客でにぎわっていますね.

 

 

ということで,上高地行脚は以上でおしまい.

 

写真を撮りにいったのに,雨はざんざん,風景は見えず,高山植物はあまり咲いていず・・・で,ほとんどまとのな写真は撮れませんでした.

 

でも,事故もなかったし,上高地の自然を満喫できたし,神秘的な明神池を拝謁することもできたし,充実した上高地行脚でした.

 

 

<おまけ>

Bp7273955 ←松本城(国宝)です. (画面クリック)

上高地行脚の翌日の松本です.

天気がいいですねぇ~,暑くてふらふらしそうなほどでした.(この天気が前日の上高地にほしかった・・・)

Bp7273983←松本なわて通り (画面クリック)

Bp7273987←松本中町通り (画面クリック)

2007年7月21日 (土)

高原かこいぃー!

 

キャー!

高原かっこぃー!

 

ほんと,かっこよかったっす.(PK外したけど・・・)

 

 

そういえば,日本シリーズもやってたんでしたっけ?

 

最近,じぇんじぇん日本の野球に興味が湧きません・・・・

 

ぶつぶつ

2007年7月16日 (月)

ばけたん

わたしは出かけていたのですが,出かけ先でも揺れを感じました.

家へ帰ってニュースで見たのが夕方.

新潟また大変なことになってますね.心配です.

 

ところで,日本代表快勝でしたね.(サッカーの話です.)

久しぶりにじっくり見てしまいました.

高原かっこいい!

 

で,今日のおはなしはこれではなくて・・・・

B070716←これですこれ

何を隠そう,お化け探知機

すごいでしょ.

といっても,おもちゃ(ケータイストラップ)ですけど.

 

 

で,お化けが探知できるって?

 

そうなんです.

 

原理は電子サイコロをふって,確立に偏りがあるかどうかを見るんですって.

通常だったら,1の目がでる確立は1/6ですよね.

でも,「お化けがいたら(異常な状態(場))」だったらそれが偏るだろうって仮定して,偏った場合色が赤になる仕組みだそうです.

 

わたしは何回かためしましたが,1回だけ赤になりましたが,それ以降は赤は出なくなりました.だいたい,青緑か青ですね.(^・^)

青緑

の順でNGGoodなのだそうです.

 

ちなみに,「オーラ玉」というストラップもあります.

簡単に自分のオーラの色を見ることができるとか.

おもしろそうなので,両方買ってしましました・・・・

 

え?どこで売ってるかって?

わたしは知ってるひとから買ったのですけど...ネット通販で売ってるみたいですよ.

検索してみてちょ.(^・^)

2007年7月 8日 (日)

となりのクレーマー

晴耕雨読.

 

出かけるのもいいですが,家でゆっくり本を読むのもいいですね.

 

02785464←今日ご紹介する本はこちら.

となりのクレーマー
     「苦情を言う人」との交渉術

関根眞一著 中央公論新社刊

著者は西武百貨店のお客様相談室長をされていた方だそうで,タイトル通り,本の中身はクレームの事例が約7割を占めています.

 

これがもう,読み始めると,もうドキドキしてぐいぐいと読み進めてしまうんですね.

 

それでは,目次の一部をちょい紹介

第1章 クレーマー物語
 第1話 婚約指輪
 第2話 60日の攻防・・・そして
 第3話 ヤクザとの対決
 第4話 軟禁事件
 第5話 婦人服売り場の怪事件,三題
 第6話 賞味期限
 第7話 靴下問答
 第8話 2人のクレーマー~銀行員と公務員
 第9話 被害額は2円

第2章 苦情社会がやって来た!

第3章 クレーム対応の技法

 

なんかおもしろそうでしょ.

「おもしろそう」なんて,失敬な・・・対応している人は真剣で,冷や汗ものなのですから.

 

これを読むと,世の中には客という立場を利用して平気でたかるひともいるんだなぁと思いました.本人は合理的な主張をしているつもりなのかもしれないけど.

サービスを提供する側も,自分の目先の利益を優先させてたり,丁寧さを欠いた対応をするとつけこまれてしまうようですね.

 

自分もクレーマーにならないよう,また仕事やすべてのことにおいて周りが気持ち良い状態でいられるよう,心を込めて丁寧に誠実に対応していきたいものですね.

2007年7月 1日 (日)

梅雨の晴れ間

 

今日のK地方は朝から曇り.

しかしながら,少し風が吹いていてさほど湿度は高くありませんでした.

 

 

ブランチに,冷えた胡瓜を味噌につけてがぶり.

 

そうこうしているうちに,窓の外が明るくなってきました.

 

雲間から青空が見えます.

Bp7013834
<自宅ベランダから撮影>

 

どこからか鶯の鳴く声が聞こえてきました.

 

そして,レースのカーテンがすぅーっと揺れました.

 

 

あ~,なんて穏やかで良い日なんだろう.

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »