最近のトラックバック

平積み大作戦

« もちもちの怪 | トップページ | 薔薇から紫陽花へ »

2007年5月28日 (月)

魔法の算術?ヴェーダ数学

今日ご紹介する本はこちら.

027836140000「魔法のヴェーダ数学が伝える インド式秒算術」プウラディープ・クマール著 石垣憲一訳 日本実業出版社刊

 

会社の帰りになにげなく手にとったのですが,なんか面白いんですよね.

 

何が書いてあるかと言うと,掛け算や割り算の計算方法なのですが,わたしたちが小学校で習ったのと全然ちがうんです.

 

たとえばですね.

65×65って,こう習いましたよね.

   65
 ×65
----
 325
390
----
4225

 

ところが,ところが,こんなふうにしなくても解けるんです.

  
 ×
----
4225
42=(6+1)×6

1位をかけてそのまま25と書き,10位の6は1を足して7として6と掛けるだけなんです.

 

あ~ら不思議!らくちんちんで解ちゃいますね.

 

もちろん,なんでもかんでもこのパターンが当てはまるわけではありませんが

(この方法は「左側の数が同じで,右側の数の合計が10であること」が条件になります),

なんか楽しくなちゃいますよね.

 

このほかにも,何パターンも不思議な解法(2乗,3乗,平方根,立方根等)が載っているんですよ.

流石”0”を発見した(?)国,インドならではって感じですよね.

 

はたしてそのパターンを覚えるだけ意味があるかは別の問題ですが・・・

頭の体操かわりにやってみてはいかが?

« もちもちの怪 | トップページ | 薔薇から紫陽花へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/15236003

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の算術?ヴェーダ数学:

« もちもちの怪 | トップページ | 薔薇から紫陽花へ »