最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

噂の・・・

今日は先日オープンしたばかりの「国立新美術館」にあそびに行ってきました.

場所は地下鉄日比谷線六本木をから徒歩約5分のところです.

わたしはこれまで六本木なんぞ行ったこともありませんでしたが,流石?流石!駅にはこっちにも,あっちにも外国の方が・・・

通りすぎる女性は,みなモデルさんのような女性ばかり!?

もう,おのぼりさん状態ですね.

Bp2252785で,これが噂の「国立新美術館」です.

建築家の黒川紀章さん設計の建物ですね.

Bp2252835もう少し近づいてみます.

表面がガラスで覆われていますが,曲線という不思議な建物ですね.

Bp2252823中に入ってみます.

コンクリートの逆円錐形が不思議な空間を演出していますね.

この国立新美術館は貯蔵品がない,展示専用のスペースだそうです.オープン記念ということで,2つの有料展と黒川紀章展(無料)をしていましたが,今回わたしは有料のは遠慮することとしました.

で,ここを後にそのまま上野に行きました.

Bp2252844西郷さんでごわす.

Bp2252846

国立西洋美術館のロダン,地獄門ですね.

最初は,ダンテの神曲の地獄門を描きはじめたそうですが・・・・(実質的な)妻のローズがいながら,弟子のカミーユと不倫関係に陥り・・・・門番の「考えるひと」は,男と女について考えているのだそうです・・・・

2007年2月18日 (日)

もし・・・

もし,簡単な装置でクリーンで安全なエネルギーが取り出せたら.

そしてしかもそのエネルギーが無尽蔵でほとんどコストがかからないとしたら.

 

ふとそんなことを考えてみました. 

そのへんのホームセンターにいって,ちょいがんばれば自作できちゃう燃料いらずの発電機だったとしたら・・・.

 

まずは,家の電気代はただになりますね.
個人としてのメリットはこれくらい??

 

個人ではなく,仕事で使えるならいろいろ応用がききそうですね.
オフィスでは夏も冬も電気代を気にせず空調をばんばん使えますね.
・・・・発想が貧困ですね.(^_^;)

 

工場で使えば,電気代がかからないから製品のコストを低く抑えられますね.
・・・・・そうすれば,物が安くなって,消費者は大喜びですね.

 

農業で使えば,ビニールハウスにかかる灯油代がかからないから,
冬でも夏の野菜や果物が安くなりますね.
・・・・・まだまだ,発想が貧困ですね.(^_^;)

 

電車を動かすのに電気代がかからないから交通費が安くなりますね.

 

ガソリン自動車が電気自動車にかわれば,二酸化炭素の排出も減りますね.

 

電力にお金がかからないとすると,動力なんかはみな化石エネルギーから電力にとってかわって,しかもコストがかからないから,おもいきっていろんなことができそうですね.

 

たとえば,海水を淡水にするプランとを作って,休まず稼働させて,砂漠を一気に緑化してしまうとか.

 

大規模な農産物工場を作って,計画的な食料生産をするとか.

 

うわぁーいいことづくめじゃないですか~.

 

 

ん?まてよ.そうすると,電力会社はいらない??

いやいや,石油関係ででたべているひとたちはどうなるの??

2007年2月 3日 (土)

菜の花に富士山

今日は朝から天気もよく,二宮(神奈川県西南部)の吾妻山公園に遊びにいってきました.

わたしの日ごろの行動範囲が神奈川県東部から東京であるので,神奈川県西部まで足を伸ばすのは久しぶりです.

吾妻山公園を知ったのはつい最近.同僚に「富士山と菜の花がきれい」と聞いたのがはじめてでした.それから,仕事帰り電車の中でおばちゃんが「吾妻山公園ってきれいねぇ~」とおしゃべりしていたのが耳にはいって,今日は天気もいいし,こりゃいくしかない!と出かけたのでした.

JR東海道線二宮駅北口から公園入り口まで徒歩約5分.そこから階段,山道を登り山頂(標高136m)の展望台まで約20分です.

展望台へはただ歩くしかないので,たかが標高136mですが,されど山は山ですね.休まず歩くとそれなりに息が切れます.

Bp2032741でもそのかいあってか,山頂についたときの景色はもう最高です.

Bp2032771 360度の大パノラマで箱根,丹沢,富士山が手に取るような迫力で見ることができます.また,相模湾を見下ろすことができます.

Bp2032767

Bp2032779

山頂は一面芝生でねころがってもいい気分.そのせいかレジャーシートを広げてのんびるする家族づれも多くきていました.

たまにはこういうのもいいかも.

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »