最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

びせいぶつによる臭い消し!

昨年のわたし自身の「引越し」と,昨年あたりからトレンドになっている「そうじ力」より,わたしはある試みを始めてみました.

それは,びせいぶつによるお部屋,および水周りの消臭です.

以前は,大手メーカーの消臭スプレーを使っていたのですが,それも残量が少なくなってきたことですし・・・

Emw ←じゃ~ん.これがそのびせいぶつ(乳酸菌,光合成細菌,etc.)を集めた液体(市販製品)です.

ちゃんと勉強すれば(市販のヨーグルト等から培養する),別に買わなくても自分で作れるらしいのですが,わたしはてっとり早くこれを利用してみました.

使い方はいたって簡単,原液を50~100倍に薄めて臭うところ,あるいは臭いがつきそうなところへ,霧吹きでシュッシュッとするだけです.

液体自体は柑橘系の香りがするのですが,これ自体化学合成されたものでなく,しかも飲用しても害がないびせいぶつを集めたものなので,カーテン,ふとん,靴,カーペット,食器,ガスレンジ,風呂,トイレ,洗濯,植物 etc. あらゆるところに使えるのですね.

わたしが試したのは,まだキッチン(三角コーナー,ガスレンジ,排水口,食器),カーテン,ふとん,カーペット,エアコンの吸気口,コート,風呂(湯に入れる),トイレ,靴くらいですが.

お部屋のシュッシュッの後は,空気がさわやかな感じがして,とても気持ちいいです.

値段もそう高くないし(1,000円/原液500ml),しかもこの原液から培養の方法までオープンにしてしまっているから,太っ腹ですね.

わたしはこの業界のまわしものではありませんが,使い始めてすぐにわたし自身が効果が実感できたこともあって,しかも儲け主義でないこの業界の考えにとっても共感してしまいました.

興味のある方はトライしてみてはいかが?

 

はてさて,ではわたしもこの原液を培養するのをトライしてみようかしらん.

2007年1月21日 (日)

じっと見る

今日は東京駅八重洲口から徒歩5分にあるブリヂストン美術館に遊びにいってきました.

20070121特に別料金で"特別展"というというわけではないけれど,この冊子の通り「じっと見る」というタイトルで展示をしておりました.

表紙の絵はゴッホの「モンマルトルの風車」(1866年)です.

まだ,あの強烈黄色のタッチはみうけられないですね.

 

ここは結構知名度の高いのですが,わたしとしては初めてなんですね.ビルの2Fにあるので,決して広いとはいえないのですが,古代はエジプト美術から現代の抽象絵画までありで,結構もりだくさんです.

わたしのお気に入りは,ルノワールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」,ルノワールのやわらかいタッチはやはり実物で見るのがいいですね.(勝手に画像を載せられないので,美術館のHPに行ってくださいね.↑)

それから,わたしが中学の美術の時間に課題として模写をしたピサロの「菜園」の実物にお目にかかれたのは,とても嬉しかったです.

 

観覧はゆっくり歩いて,約2時間といったところでしょうか.チケットは100円の割引券を使って,700円なり.本物を直に見ることができてこの値段ならお得かも知れませんね.

 

はてさて,今度はどこの美術館に行こうかしらん.

2007年1月 7日 (日)

強風の江ノ島

今日はふらっと江ノ島に行ってきました.

Bp1072728風が強いせいか(フレーム上は)雲がありませんね.

Bp1072723他は雲があまりないというのに,残念ながら富士山は全貌をみせてくれません.風で波しぶきがすごいですね.風が強すぎて息をするのも大変です.

Bp1072720江ノ島神社の参道を神社側から見たところです.

途中人気の(?)「たこせんべい」屋さんがありましたが,何人も待ちのようだったのであきらめました.

Bp1072717江ノ島名物?エスカー(有料エスカレーター)ですね.

Bp1072709江ノ島神社入り口ですね.今年の初詣は会社の年頭祈願で都内の神社に行きましたが,個人としては江ノ島神社が初参拝になりました.

2007年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます.

 

個人的に昨年は言霊の大切さを実感した一年でした.

今年は昨年を踏まえつつ,すべての物事に感謝していけるよう決意したいと思います.

今年も世の中は,猪突猛進のように変化しそうですが,気持ちだけは穏やかに明るくいたいものですね.

みなさまのご多幸をお祈り申し上げます.

また,今年もよろしくお願いいたします.

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »