最近のトラックバック

平積み大作戦

« 玉(ガラシャ)の最期 | トップページ | はじめての »

2006年11月 4日 (土)

池ポチャ

今日(11/3)は朝から天気もよかったので,○■×フラワーセンターにいってきました.

この間薔薇が満開だと聞いていたので,まだ見れるかなぁということで・・・.

Bpb032400 咲いていました!薔薇が!でもちょい残念.ピークは過ぎて,かなり花びらが落ちてしまっていました.だから生き生きと群生している姿は映せなかったので,比較的状態がよく鮮やかだったものを一枚.

Bpb032461 一方,菊は今が一番のようでした.昔中学生のころ授業で菊の栽培をしたことを思い出しますが,菊がこんなに立派に美しく,まさに凛と咲くなんて知りませんでしたねぇ.

Bpb032489 また,園内にはサルビアが絨毯を敷き詰めたように綺麗に咲いていました.

Bpb032442 パンパスグラス(いね科)ですね.原産はアルゼンチン~ブラジル南部だそうです.ススキではありませんが,秋の絵になりますね.

 

 

ところで,園内には温室があって,そこに足を運びました.そこではいつも蘭がとても綺麗なのですが,わたしのお気に入りは睡蓮のコーナーなんですね.水面に静かにでもたくましく咲く様子がたまらなく好きなのです.

そこで,事件?は起きたのです.

カメラを構え,PLフィルタ(水の反射光などが入らないようにするもの)を調整していると,左手からなにかが滑った感じがし,「ポチャ」という音が聞こえました.

やってしまいました.そのフィルタを池に落としてしまったのです.

どうしよう・・・・

池といっても温室の池なのでそう深くはあるまい・・・とわたしはすぐに,池の淵にはいつくばって腕を池につっこみました.

腕を伸ばしても底には手が届かす・・・・

と思ったら,胸ポケットに入れていたケータイが  ポチャ・・・ (^_^;)

ケータイについては首からぶら下げるストラップをしていたので,引き上げはできましたが・・・

さっそく,少しはなれたフラワーセンターの事務所に行ってヘルプを求めました.

対応していただいた職員さん「今担当のものがいないんだよねぇ~」と右往左往.「池は水を抜かないし,掃除はしないし,物を落としたらそのままなんだけど・・・」とそっけない感じ.

わたしは恐縮するばかり.

そして,どこからか網を探してきてはいとわたしにはいという感じで渡してくれました.

(わたしが勝手にやっちゃっていいのね?)

そしてわたしがそのまま網をもっていこうとすると,後から何もなしで池を網ですくっていると誤解されるからこれをしてと,○■×フラワーセンターの職員の腕章を渡してくれました.

わたしは早速舞い戻って,網ですくいました.

でも,なんか上手くいきません.

もうこうなったらヤケクソ?です.

結局また池の淵にはいつくばって腕をつっこむことにしました.

今度は肩まで入れました,シャツはびしょびしょでも池の底には手が届いたので,探し物は見つけることができました.

通りかかったやさしそうなおばさまから「お仕事大変ですねぇ」とのお言葉をいただきつつ・・・

事務所に網を返しにいくと,温室の担当の職員の方がもどってこられていたようで,「どうもすみません.」といきなり謝られてしまいました.物を落とした張本人はわたし自身なのに・・・

「いぇいぇ,わたしが落としたのですから自業自得です,大変ご迷惑をおかけしました.」といって,こちらが頭をさげるのですが,その方は「どうもすみません」を繰り返すばかり・・・・

なんだか,○■×フラワーセンター内の職場事情を見てしまったような・・・

 

ところで,その後ですがケータイは液晶がまったくダメになりました.もう取り替えるしかないですね・・・・

 

それから,家に帰ったら今度はパソコンにジュースをこぼしてしまいました.はじめはうまく立ち上がらずもうダメかとおもいましたが,こっちの方はなんとか大丈夫でした.

 

今日は,水まわりの出来事がいろいろありましたが,これごときで落ち込んではいられません!菊は凛としていたし,サルビアは美しかったし,落し物はちゃんと見つかったし(カメラ本体は落とさなかったし),パソコンは壊れなかったし,まったくツイてる1日でした~(^。^)v

Bpb032505←その池ポチャ事件?の前に撮った睡蓮

« 玉(ガラシャ)の最期 | トップページ | はじめての »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/12542880

この記事へのトラックバック一覧です: 池ポチャ:

« 玉(ガラシャ)の最期 | トップページ | はじめての »