最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月22日 (日)

玉(ガラシャ)の最期

いや~素敵でした.

W42_5 今年の大河ドラマは,あまりにもマンガチックでコメントしようもなかったのですが,今日のガラシャ(玉)(長谷川京子さん)は素敵でした.

わたしは切支丹でもないし,当時のこともよくわかりませんが,自分の信念を貫き,凛とした生き様にはこころをうたれました.

長谷川京子さんと仲間由紀恵さん,どちらもとても魅力的な女優さんなのですれけど,役柄的にも対照的な二人が1つのドラマで表現されるなんて,ある意味でおもしろいかもしれませんね.

ますます二人のファンになってしまいました~.(^.^)

2006年10月18日 (水)

タバコのポイ捨て

朝駅へ向かっていると,ときどき歩きタバコのひとを追い抜かすことがあります.

歩行者用の道にしては広めなのですが,急に自転車が後ろからくることがあるので抜かすには少し慎重になります.

以前,仕事上で覚えたKYT(危険予知トレーニング)を活かし,タバコの火がこちらに接触しない程度に,でも急に自転車がきてもぶつからないように,小走りに追い抜かすのです.

タバコのマナーの悪いひとには困ったものです.

そういうひとは吸い終わると,道沿いの小川にポイと吸殻を捨てるからよけい困ったものです.

小川沿いには春には桜が咲き,誰が植えるかは知りませんが,1年中花が咲いてとても綺麗なところなのに・・・.

なぜ周囲の迷惑を顧みず・・・マナー違反を平気でするのだろう・・・

と思っていたら,「ポイ捨て」に関しこんな解説に出会いました.

 

<内集団を大切にするあまり,外への関心が薄い>

ポイ捨てをするひとは非常識で,しかも他人のことを考えない非常なひとと思うかもしれないが,そんなことはない.むしろ,逆である.ポイ捨てをするひとは案外,親分肌で情にもろく,義理人情を大切にするひと,家族思い,仲間思いの強いひとである.

では,そんなひとがなぜ,ひとの迷惑をかえりみず,ポイ捨てをするのか,一見矛盾している心理のようにみえるが身びいき(内集団ひいき性)という観点で考えると,この2つの行動は矛盾しないのである.

自分の家族や仲間のことを強く考える親分肌のタイプのひとは,そういう内集団(自分の集団)への感情が強いため,逆に,関係のない外集団への関心が薄くなる.自分の身内の利益や安心を優先させるあまり,それ以外のことはどうでもよくなり,ポイ捨てしても何とも思わないのである.

 

う~ん,確かに親分肌のひとの中にはそういうひともいるかも知れない.けれども,ポイ捨てをするひとがすべて親分肌ってことはないでしょう?.単なる自己チューでは・・・??,いや,自己チューの枠を広げたのが親分肌???

危いので歩きタバコはやめましょう.ポイ捨ては言語道断!

2006年10月 9日 (月)

快感!

になってしまいますね.

 

えっ?何かって?

それは・・・・・,部屋の掃除をしてものを捨てる快感です.

つまり・・・・・,先日,「そうじ力」なる本を読んで,触発されてしまったのです.

 

わたしの場合,部屋で整理しきれなくなるのが,小物と本なのですが,今日は本を中心に捨てました.

現在,ハードカバーのビジネス書なんかだと,最低でも1,200円~しますよね.何十冊も捨てたから,買ったときの金額にすると数万円もするのでしょうが,もう潔くいっちゃいまいした.

以前は,未練たらたらと大きなバックをかつぎ,近くの古本屋に行ったこともあったのですが,そのとき売れた金額といったら,なんとランチ1食程度

ビジネス書なんて,新鮮さが命みたいたところがあるから,古いのはダメなんでしょうねぇ.

 

それから,とっておいた昔の年賀状や知人,友人からの葉書,手紙類を処分しました.

年賀状はともかく,肉筆の手紙,葉書はちょい勇気がいりました.

でも,手紙ってけっこう大きさまちまちだからかさばるし,わたし自身,思い出に浸るタイプでもないのでエイヤ!とシュレッダーへ.

始めのうちは中身を読んじゃって,懐かしがったりもしましたが,もうバリバリ?と(シュレッダーに)かけはじめると,これが,もうなんともいえない快感なんですねぇ~.

なんか,昔の垢を削り落としている,そんな気持ちよさがありました.

 

そして,今度は何を捨てようかしらん・・・・と考えております・・・.

 

みなさんは,ものを捨てるときどういう基準で,どう捨てますか?

2006年10月 2日 (月)

不良品

あるアメリカの自動車会社が,ロシアと日本の部品工場に以下のような仕事の発注をした.

「不良品は1,000個につき1つとすること」

数日後,ロシアの工場からメールが届いた.

「不良品を1,000個に1つというのは,大変困難な条件です.期日にどうしても間に合いません.納期の延長をお願いしま

数日後,日本の工場からもメールが届いた.それにはこう書かれていた.

「納期に向けて作業は順調に進んでおります.ただ,不良品用の設計図が届いておりません.早急に送付してください」

 

026331520000←今日ご紹介するのはコレ.「世界の日本人ジョーク集」早坂隆著 中央公論新社刊

けっこう売れているようなので,ご存知の方も多いかもしれません.

電車の中で気楽に読むにはいいかも.

ちなみに,上述は本書の一番初めに出てくる日本人ジョークです.

海外ではやはりものづくり日本のイメージが強いようですね.

 

ところで,先日,あるテレビ番組でフランス人が日本のマンガのコスプレをしているのを紹介していました.フランスでは日本のマンガはかなり大衆文化として浸透しているらしく,日本で刊行されると数ヶ月後にはフランス語訳されるとのことでした.

当然「ドラえもん」「ポケモン」が有名なのは知っていましたが,ハイティーン向けのマンガがこれだけ大量に輸出されているなんて全然知りませんでした.

そんなに,日本のマンガは海外ではCOOL!なのでしょうかん!?

いずれにしても,日本のことをもう少しは誇りに思ってもよいかも知れませんね.

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »