最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

海は広いな大きいな~♪

いや~,海っていいですね~.

それから,ようやく関東も長い長い梅雨があけたようですしね.

Bp7301957東京湾フェリーにのり,浦賀水道を横切って千葉にいってきました.

Bp7301961

お天気もよく,日差しはちょっと強いけど海風が暑さを吹き飛ばしてくれました.

普段の生活が遠くに視線をやるということが少ないためか,潮風と身体に響く船のエンジンの振動を感じながら,ぼーっと水平線が眺めるなんて最高ですね.

Bp7312089ちょい,趣をかえて.(千葉のキャンプ場に咲いてたものです.夏の朝ですね.(^。^))

Bp7312129といいつつ,やはり花よりアイスクリーム!でしょうか??(千葉名物?ゆずびわソフトなり!)

日差しが強すぎて,溶けかかってますね...^_^;

Bp7312140金谷港から久里浜港へ.

港の後方は,鋸山にござ~い.

2006年7月17日 (月)

はがきのすすめ

最近さぼりにさぼっていますが,わたしは友人にさそわれてやってみました.

なにかって?なーんてことはない,ただはがきを書くことなんです.

でも,ちょい+α必要です.それは,ボールペンにカーボン紙それからはがき大のノート.

もちろんはがきの自体もね.

 

はがきを書くときに,そのはがき大のノートの下にカーボン紙とはがきを敷いて書くのですね.

そうすると,自分が相手に何を書いたかが残るってわけです.

 

年賀状なんかで,ちょいコメントを書いて,相手からその返事をされても

「あれ,これ何いってるんだろう?自分は相手になんて書いたのだっけ?」

ということがあると思います.これがなくなるというわけです.

 

だから,コミュニケーションがとれてはがきを書くのがおもしろくなるというわけ.

 

コミュニケーションだったら,E-mailだって,電話やケータイだってあるじゃない?
といわれるでしょうが,もちろんそのとおり.

 

でも,違う味わいがあると思うのです.

はがきを書くには,あたりまえですが,まずはがきを用意しないといけないですよね.

相手の氏名住所を確認し,そのひとのことを思い浮かべなければなりません.

文面を考えるとき,仕事はいそがしいのあな?このあいだ大雨でニュースにぎわしていたけど家は大丈夫だったかしらん?いまでも息子さんと元気にサッカーしているのかしらん?などなど.

はがき1枚を選ぶときも,素材の違うものを選らんだり,絵手紙にしてみたり,官製はがきでなければ切手も記念切手にしてみうかしらん?

そのひとを思い浮かべながらそれなりに手間と時間がかかるわけです.

だから,はがきを書くってそのプロセス自体が相手のことを思い遣るってことになるんですね.

 

そんなはがきをもらえば,もらったほうはとても嬉しいですよね.

また,それに返事がきたりすれば,それはそれでとても嬉しいものです.

 

もちろんいまの時代,返信をあてにしてはいけません.

はがきを書く習慣があるひとのほうが稀なのですから.

 

でも,安心してください.大丈夫.

かならず気持ちは通じていますから.

 

たまには,はがきを出してみるのはいかが!?

2006年7月10日 (月)

非常用ライト

最近,100円ショップにいくと,100円ではなく200円だったり300円だったりする品物が売られています.

昨日,いったキャンドゥは近くに2つ店舗あったのですが,一方が300円,500円ショップになっていました.

もちろん,3倍,5倍となっているので客数はぐっと減った感じでしたが,扱っている品物はうーん,とてもとても300円?500円といわれるようなものばかり.

個人的には,コレ100円ショップの方でも売ってたやつじゃない?といえそうなやつもありましたけどね.

で,今回購入したものがこれ.

Bp7101929電池不要の懐中電灯です.

スケルトンで 中にコイルがあるのがわかりますよね?縦方向に振ると,コイルの中を通るようになっている磁石によって電流が起きるというしくみです.

ライトは最近はやりのLED.500円+消費税ONLYです.

もちろん単純比較はできませんが,この手のもで○万円するようなものあることを考えるとお得ですよね.

いざというときの,明かりってとても助かるのはもちろんのこと.心理的にも安心感を与えてくれるのだそうですね.

##ところで,フランス,イタリアすごい試合になってますね~ジダンレットカードみたいだし・・・

  もう,両方優勝ってことにしてしまえば!?

 

2006年7月 2日 (日)

岩城宏之さんを偲んで

今日のN響アワーは,先日亡くなられた指揮者の岩城宏之さん特集でした.

わたしはこどものころからNHKの音楽番組を見たり,聴いたりしていたので岩城さんはとても身近な存在でした.だから,なんだか近くのおじさんがいなくなちゃったんだなぁという感じです.

よく知らなかったのですが,病気の身体と闘いながらの音楽活動だったのだそうですね.

 

ちなみに,今日のメニューはこちら.

「バレエ音楽“春の祭典”から“いけにえの踊り”」 ストラヴィンスキー作曲
「管弦楽のためのラプソディ」 外山雄三・作曲
「テクスチュアズ」 武満徹・作曲
「交響曲 第6番 ロ短調 “悲愴” 作品74から第4楽章」 チャイコフスキー作曲

武満徹さんの曲は何度か岩城さんの指揮を耳にしていますが,現代の日本の作曲家の曲を精力的に指揮されていたようですね.

また,わたしの大大大好きなチャイコフスキーの6番が最後でしたが,とてもこころにしみわたって,いい感じでした.

岩城さん,長い間おつかれさまでした.ありがとうございました.

ご冥福をお祈り申し上げます.

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

前々から気になって気になって仕方がなかったのですが,今日はじめて手にしてみました.

Bp7021927←これですこれ

「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」

名前はへんてこですが,豆腐です.

名前だけでなく,かっこうも変ですが,沖縄のにがりと北海道産の丸大豆を使用しているとのことです.

190gで300円なり,ちょい豆腐にしては高いですね.

 

期待して,さっそくトライしました.もちろん,醤油とか何もなしでですよ.

「う~ん,結構いけるかも」

箸ですくうのですが,とってもやわらかく(絹ごしより),普通?豆腐ってあまり味がしないのですが,独特の甘みがあるのですね.

それから,天然塩をふりかけてあっと間に食べました~.

300円なりの価値はあるかも.

いつもいつもというわけにはいきませんが,たまにはいいかも.

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »