最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日)

懐かしの駄菓子-2

近所のスーパーで,また駄菓子展をしていました.

Bp5271815今回購入したのは,これ

わたしのお気に入りは,手前右側の「正論丸」です.

「ウソ」「ホラ」「ゴリオシに」な~んてキャッチがいいですね.

ちなみに,裏にはこんなふうに書いてありました.

 

【こんなときに】

・うそ,ほら,ゴリオシを言いたいとき等思いっきり主張したいときにぜひどうぞ.

ちなみに,フーセンガムです.

2006年5月21日 (日)

横浜山手散策

今日は朝からいいお天気.

ふらっと,横浜山手を歩いてきました.

京浜東北線石川町駅を降りると山手イタリア山庭園へ.S字状の坂を上っていきます.

Bp5211690<外交官の家>

明治43年,東京渋谷の南平台に建てられた明治政府の外交官・内田定槌の私邸だそうです.

ここからは,港未来地区,関内を見渡すことができますよ.

Bp5211696ダイニングですね.

 

 

 

 

外交官の家から山手通りに出て左を進んでいくと,右手に山手カトリック教会,左手にフェリス女学院が現れます.そして元町公園へ.

Bp5211708<ベーリックホール>

J.H.モーガンの設計により,昭和5年(1930年)に建てられたイギリス人貿易商・ベリック氏の邸宅だそうです.1956年~2000年までセント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎としても使用されましたとか.戦前の山手の個人邸としては最も規模の大きいものだそうです.すぐ隣には,エリスマン邸があります.

Bp5211733<エリスマン邸>

大正15年(1926)にスイス人貿易商エリスマン氏の私邸として建てられましたそうです.木造2階建ての白く美しい洋館は,近代建築の父,アントニン・レーモンドの設計だとか.

Bp5211722 2階へ上がる階段です.なかなか雰囲気がありますね.

筋向いには,山手234番館があります.

Bp5211735<山手234番館>

昭和2年頃,朝香吉蔵の設計で外国人むけ集合住宅「アパートメントハウス」として建てられたそうです.

Bp5211736

リビングですね.

 

 

 

 

山手234番館を出ると左手は,外国人墓地があり,横浜マリンタワーやランドマークタワーがよく見えます.

少し歩くと,港の見える丘公園です.その中にイギリス館があります.

Bp5211763<イギリス館>

昭和12年英国総領事公邸として建てられたそうです.比較的新しいですね.ローズガーデンが見ごろで,写生するひと,写真をとるひと,家族連れなどで大変な混雑でした.

 

港の見える丘公園を出て,山下公園方面へ.

Bp5211787<人形の家>のエントランスの前にある銅像です.ユーモラスですね.

 

Bp5211811山下公園を通って,中華街へ.

ちょど小腹がすいたので,肉まんを買って食べました.

 

汗ばむけど,とてもステキな一日でした~(^。^)

2006年5月14日 (日)

おいしいコーヒー

おいしいものを口にしたときって,とても幸せな気持ちになりますよね.

おいしいコーヒーについても同じです.

何年か前,初めてスタバに行ったとき「コーヒーってこんなにおいしいんだ!」と感動したのを今でもよく覚えています.

でも,わたしのように仕事の効率化のために水のように摂るものにとっては,いつもいつもスタバというわけいにはいきません.

家にいるときは,コーヒーメーカーという手もありますが,挽いた豆って空気に触れるとすぐ酸化して香りがなくなってしまうんですよね.

それに家にいるときは,会社にいるときほど飲まないし.コーヒーメーカーを会社にもっていくわけにもいかないし.

 

そこで,考えたのがこれです.

1杯,約20円で気軽にドリップコーヒーが飲めちゃうのですからお得ですよね.

Bp5141674←これこれ

セイウチくんと,キリンさんも撮影に参加してくれました(^^♪

 

 

 

 

 

http://www.brooks.co.jp/index.php

別にここの会社の回し者ではありませんよ.(笑)

2006年5月10日 (水)

三段跳び!?

今朝,通勤途中のことです.

いつものように信号がかわったので,横断歩道を渡り,最寄の駅のエントランスからまっすぐ上に伸びるエスカレータに乗りました.

ゆっくりのひとは右をあけて左側に並ぶために,エスカレータの麓はちょっとした待ち行列になっていました.

わたしは左側に並び,誰もがするように前の人から一段はずし,エスカレータのベルトに左手をのせてステップに立ったのでした.そして特に急ぐ必要もないので,前方の駅舎の天井をぼんやりと眺めながら,ただただエスカレータの動きを感じていたのでした.

 

すると,下から ドンン,ドンン,ドンン,ドンン,という振動が近づいてきました.

 

ん?何かへんだぞ?  わたしは妙な気配を感じました.

なぜかというと,ドンン,ドンン,ドンン,ではなく,ドン,ドン,ドン,ドンというのが急ぐひとの普通のリズムなのですから.

 

右側を見ると,茶色のジャケットに茶色の帽子をかぶった老人が,

エスカレータの段を一段一段ではなく,な・な・な・なんと,

 

三段ごとに上っていく

 

ではないですか.

 

ゲ・ゲ・ゲ・ゲ・ゲゲッー,わたしがびっくりするまもなく,その老人はわたしの横を通り過ぎていきました.

 

朝からすごいものを見てしまいました.

 

わたしは心の中でスタンディングオベーションしていました.

 

もしかして,あのひとはアムステルダムオリンピックで日本発の金メダリストとなった三段跳びの織田幹雄選手だったのではなかろうか・・・

2006年5月 7日 (日)

経皮毒(けいひどく)

ちょい怖い本を読みました.

以前,知人から話だけは聞いていましたが.

026194730000←これですこれ

 

 

 

わたしたちは,知らず知らずのうちにさまざまな化学物質を体内に取り込んでいます.それには消化器官で吸収される「経口吸収」と,呼吸によって肺から吸収される「吸入」が主な経路として考えられてきましたが,皮膚から直接吸収する「皮膚吸収」の影響も少なくないというのです.

皮膚からどうやって化学物質が吸収されるか・・・・普通は皮膚には角質層がありバリアをしているのですが,「脂溶性であること」「分子の大きさが小さいこと」などという条件を満たせば,容易に吸収されてしまうのだそうです.

経皮吸収による有害な作用(経皮毒)は,毎日のように接している,特にシャンプー,リンス,石鹸,歯磨剤,化粧品,入浴剤に集中しているそうです.

どうしてかというと,これらは角質層を壊して化学物質を入りやすくする溶解剤や合成界面活性剤が含まれているからなのだとか.

吸収されても速やかに排泄されれば問題ないのですが,経口吸収の場合は尿などで10日目には吸収された毒物の90%が出てしまうのに対し,経皮吸収では皮下組織に長くとどまり10日目でも10%程度しか排泄されないのだそうです.

また,身体の場所により吸収量が異なり,腕の内側を1とすると,頭:3.5,額:6,顎:13,脇の下:3.6,手のひら:0.83,性器;42,かかと:0.14で,皮膚の温度が10度から37度に上昇すると吸収率は10倍に跳ね上がるといわれているので,入浴時などは最も注意が必要なのだそうです.(もちろん,粘膜で覆われている口の中は格段に吸収が速いそうです)

では,対策はどうしたらいいの?ということですが,もちろん「買わない」「使わない」が基本原則ですが,有害な化学物質を知り,商品の成分表を見て選択をすることが大切なのだそうです.(本書の後ろに色々と書いてありましたが,覚えるの大変です....)

わたしは別な理由(環境に良い)から,数年前から合成の洗剤やシャンプー類などを使っていませんでしたが,知ってしまうとますます使えなくなってしまいますね・・・.(でも合成でない洗濯石鹸とかって,合成洗剤の何倍もの値段がするのですよ~~....)

 

下手なホラー小説より怖いかも知れない・・・

2006年5月 4日 (木)

日本有数のパワースポット!?

久しぶりに明治神宮に行ってきました.

本当に久しぶり・・・・何せ以前行ったときの記憶がないのですから...

Bp5041507JR東日本原宿駅を降りるとすぐに南参道が始まります.

しばらくまっすぐ進んでいくと,左手に大鳥居があります.木造の「明神鳥居(みょうじんとりい)」では日本最大だそうです.

Bp5041521大鳥居をくぐって突き当たりを右にすすむと,御社殿があります.

「はとバス」の外国人向けツアーの一行が,何組かガイドさんの旗に連れられて来ていました.

Bp5041474御社殿の南側には御苑が広がります.江戸初期から加藤家,井伊家の下屋敷の庭園だったそうですが,明治に宮内省の所管となったそうです.6月にもなれば菖蒲が綺麗で賑わうそうですが,季節はずれであるのと入苑料をとるからか,御社殿のとは対照的で人はまばらでした.

Bp5041477南池です.鯉が静かに泳いでいました.

Bp5041487御苑を奥に歩いていくと「清正井(きよまさのい)」があります.日本有数のパワースポットともいわれています.

ここ湧き上がる水の量は、毎分161リットルだそうで,脇に広がる菖蒲田や池をうるおすだけでなく,17万本もある明治神宮の木々を養っているそうです.それは,ただの滋養の水というだけでなく,この地にみなぎる不思議なパワー凝縮されているとか.明治神宮の森は人工の森なのですが,わずか半世紀で自然の森に成長したことで,世界の注目を浴びましたが,この水パワーが関わっていたかもしれませんね.でも,残念ながら"O-157"の影響もあり,水を飲むことは禁止されています.

Bp5041539明治神宮の出ると,大江戸線を使って赤羽橋へ,そう目的地は「東京タワー」です.なにせ小生,首都圏に長く暮らしていながら,まだ一度も上ったことがないのですから.

はじめは,前々から行きたいと思い行きそこねていた六本木ヒルズの森美術館にでもしようと思ったのですが,調べてみると展望台については大型連休中子供はロハだとか...これは,混んで混んで混みまくろだろう・・・・ということで,いざ「東京タワー」へとなったわけです.

ところがーです.現地にいってみると,モー大変です.スーツをきた職員らしき人が「展望台」の看板をもって何か叫んでいます.「えー,展望台へのお客様は3時間待ちです.」

ガーン・・・,せっかくここまできたのに・・・.でも,3時間待ちとなればあきらめも早いです.「不思議な散歩道」というホログラム写真の展示と,ここでは昔から有名な「蝋人形館」にいって,さっさと退散しました.ちなみに,感想ですが,,,,うーん,一度いけば,もういいかな・・・・・

Bp5041554それから小生,有楽町にある「東京国際フォーラム」へ向かいました.モーツァルト生誕250年記念で,(演奏時間が短めですが)コンサートが1,500円くらいのがいっぱいあると聞いていたので.

でも,ごらんの通りの大賑わい,コンサートチケットなどは,連休の終わりまでほとんど"SOLD OUT"で,とぼとぼと帰宅することになりました.

みなさん,(小生と同様)お出かけするところないのね...

ピンク・ダイヤモンド

神奈川県立フラワーセンター大船植物園に行ってきました.

天気もよかったし,とても綺麗でした.解説はあまりいりませんね.(^。^)

Bp5031339 「藤」がみごとですね.

Bp5031350「しゃくやく」です.

Bp5031358「たまりゅう」(ゆり科)というのだそうです.

Bp5031362"ピンク・ダイヤモンド"という「チューリップ」と"ドアーフ・ピンク"という「わすれなぐさ」です.

Bp5031405 「すいれん」ですね.

Bp5031413

Bp5031415「しゃくなげ」です.

Bp5031425

Bp5031433「アルム・イタリクム」(さといも科)という地中海の花だそうです.

Bp5031438「しゃが」(あやめ科)です

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »