最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

荒川選手に能管とヘーゲル?

荒川さんス・テ・キでした.

 

村主さんもがんばりましたね.

 

ミキティよくトライしたね.

 

朝の支度をしながら,テレビに向かってStanding Ovaitionしてしまいました.

 

会場の雰囲気が胸の奥に伝わってきました.ちょいウルウルきてしまいました.

 

その余韻もさめやらぬ当日の夜,久しぶりに生オケ(オーケストラ)を聴いてきました.

生オケといっても,ちょいと違っていて,メインは能楽師笛方

いままで,能楽なんてまともに聴いたこともなかったのですから.

 

とってもモダンでステキなコンサートホールなんですけど,

舞台の背におおきなパイプオルガンがあったりするのですが,

(いつのまにか)紋付袴のやさがたのオジサン?が現れていました.

 

うーん.雰囲気がびみょーです.

 

観客はみるからに中高年のおばさまが多く,和服の方もちらほら.

ここは,(隣の)国立劇場ではないぞ!?

 

何も言葉のないまま,ヴァイオリン,ベース,ギターの伴奏のもとに曲がはじまりました.

 

(感想は・・・・)とっても上手.

 

能管やら角笛やらいろんな笛を使ってました.

なんの曲かわからないけど.

 

いったん彼らが袖に退くと,こんどは黒の洋服(正装)の団体がぞろぞろと楽器を手に入ってきました(東フィルのメンバ).そして彼が入ってきました.

 

またいきなり曲がはじまりました.

 

バッハの管弦楽組曲第2番

 

バッハの曲の中でもとてもポピュラーな曲です.

ほんとは,フルートで吹くんですけど.

彼,能管で吹いてました!

 

日本の伝統の笛って,ちゃんと音階とるの難しいんですよね.

フルートみたいに,穴をちゃんと押さえるのもままならないし.

素人のわたしでも知ってますよ.

 

独特のかすれ音と,ところどころ強烈な「ピー!」という高音が天然木で囲まれたホール全体に響き渡りました.

でも,すごいのは指がちゃんとついていっているんです.しかも音程が狂わない!

 

それだけでも,すごいと思っていたのに,次がまたまたすごかったんです.

彼のオリジナル曲をフルオケに編曲した組曲((さまざまな笛の)笛協奏曲といった感じか・・・)なのですが,

はじめは,シェーンベルクを思わせるような現代音楽かなぁと思いきや,

もう日本の懐かしい旋律から,ジャズ,中近東の旋律までもうちゃんぽんなんです.

 

途中で,「笑点」のテーマがあらわれたときは,会場爆笑

 

また,いきなりヴァイオリンのソロをしていたひとが,モンゴルだか中東だかの旋律を

「◎あSHど×◇¥?・・・♪」と歌いだしてしまう始末.

 

でも,演奏のすばらしさは,もうたいへんでした.

最後は(ありがちな),アレグロのフォルテッシモで終焉でしたが,

 

演奏後しばらく拍手がなりやみません.

 

彼と,指揮者が袖にもどっては現れ,オケを立たせ,もどっては現れ,オケを立たせ,

客席にいた編曲者を舞台に上げ・・・

 

すごかった・・・本当にすごかった.

 

命題(テーゼ)と反命題(アンチテーゼ)が止揚(アウフヘーベン)して,新たな統合命題(シンテーゼ)生まれる??

 

トリノの荒川さんや,この能楽師の活躍をみてなんかテキトーに思ってしまいました.

 

官能じゃないよ.(爆)

2006年2月19日 (日)

モーツァルトに紅茶にスーイツ

本日のN響アワーは,今年生誕250周年を迎えたモーツァルト特集でした.

数ある作曲家の中で,わたし個人としてとびっきり好きだというわけではないのですが,

午後の紅茶とスイーツを楽しみながら聴くのは,

やはり彼の明るい弦の響きかも知れませんね.

 

あ゛ー,ケーキが食べたくなってきたー

 

がまん.がまん.がまん.がまん・・・・・

2006年2月12日 (日)

試飲

スーパーで買い物をしていると,

「産地直送のおいしい牛乳いかがですかー」

と元気な声とともに,目の前ににゅーっと(でもちょっとだけ控えめに)白の紙コップが現れた.

女の子がニコニコしている.

どうも女子高生のアルバイトらしい.

 

私はすでに,野菜ジュースと飲むヨーグルトをカゴの中に入れていたので,
牛乳はいいよなーと思ったが,

彼女はコップをわたしに差し出し,

そのままの姿勢でニコニコしている.

 

どうも手のもどしようがないらしい.

(そう,たまたま周りには他のお客がいないのだ)

 

目を横にやると,彼女の左手には牛乳の入った紙コップがトレイいっぱいに並んでいる.

 

(仕方ないなー)

 

私はその牛乳を試飲することにした.

右手にカゴをもって,左手で紙コップを口にあて,ごくご.....

 

すると,間髪をいれずに彼女が元気よく質問してきた.

 

「産地直送の新鮮な牛乳なんですけどー,お味はいかがですかー!?」

 

一瞬のどがつまりそうになった.(飲みながら答えられるわけがない....(^_^;))

わたしは,その窮状を目で訴えた.

 

変な間があった.

 

でも,飲み終えると,

一緒になって笑ってしまった.

 

「おいしかったですよ.」

 

わたしは笑顔で会釈をし,紙コップをそっとご彼女の側のごみ箱にいれて立ち去った.

 

牛乳は買わなかったが,彼女は気にもかけず元気にアルバイトを続けていた.

 

若いってイイナー(^。^)

2階建てガレージ

初めて目撃してしまいました.

 

いままで不思議だ不思議だとは思っていたのですが.

 

よくマンションなんかの省スペースにある2階建てのアレです.

 

1階に車がいたら,2階のはどうやって出し入れするのだろう??ってですね.

 

2階のひとは,1階のひとのキーを常に預かっておくのか?

 

あるいは,もし1階に車があって,その持ち主がいない場合は,車を出し入れするのをあきらめるのかなぁーって.

 

そのかわり,利用代金は2階のひとの方がずいぶんと安いのだろう(たぶん),と思っていました.

 

ちがうんですよ.

 

2階建てじゃないんです.それはたんなるカモフラージュなんです!

 

地下があるんです.地下が!

 

2階のひとは車を出そうとすボタンを押すと,1階の車がズンズンと沈んでいくのですよ地下に!

 

だから,1階に車があろうがなかろうが,2階のひとは車を出し入れできるわけ.

 

キョエーーー!という感じでした.目からうろこです.

 

まさに,サンダーバードの世界ですよ.あれは.

 

 

もしかして,知らなかったのわたしだけ??

2006年2月 5日 (日)

ブラームスはお好き?

本日のN響アワーは,ブラームスの交響曲第1番でした.

この曲は,着想から20年という歳月を注ぎ完成した作品だそうで,名指揮者ハンス・フォン・ビューロによってベートーベンの交響曲「第9番」に続く「第10番」という名称が与えられ、その後継者として楽壇に認められたものだそうです.

わたし自身は交響曲第4番が好きなのですが,この第1番の第4楽章にはおなじみの旋律が流れてきます.

少しもの悲しい弦のハーモニーは,第4番につながるものを感じました.

池辺さんの解説通り,指揮のブロムシュテットさんは,ドイツ人ならではのまじめさで,きっちりと音楽をつくりあげていく感じがわかりました.

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »