最近のトラックバック

平積み大作戦

« ベートーヴェン 交響曲第7番 | トップページ | 自動改札 »

2006年1月17日 (火)

お好み焼きのきり方

 

定食屋で食事をしていると,若い女性の二人連れがきて私の隣の席に座った.

べつに聞きたいわけでもないが,おしゃべりが耳に入ってきてしまう.

 

A子:「信じられない.お好み焼きを8つに分けるとしたら,どうきる?」

B子:「えーと,普通に(指で十字を2回きりながら)こう(8等分)じゃないの?」

A子:「それがね,こないだテレビでやってたんだけど,関西の人って8つに分けるっていうと,まず横に3に分けて,それから縦にきるんだって」

B子:「そんなことしたら,同じ(大きさ)にならないじゃない?」

A子:「そう,関西の人ってお好み焼きを他人と分けて食べるという発想がないんだって.

自分の食べる分をきるんだから大きさなんか違ってようが,見た目がどーだろうが関係ないんだって.

しかも,ケータイの投票でそれが”普通”だってことだったんだら・・・」

 

小生,関東生まれ関東育ちですが,それってほんまでっか?

広島では,どないでしゃろ?鯉太郎さん?モナさん?

« ベートーヴェン 交響曲第7番 | トップページ | 自動改札 »

コメント

そうですね広島風でも関西同様ですよ。その人達が言われてるように本来お好みは人とピザと違い人とシェアして食べることを前提としてないからです。ただ、それは性格ではなく、食べ方の違いから来る物で決してケチだからではありませんよ。私もそうですが、関西広島問わずお好みは格子切りが習慣になってるので、ピザ切り(8等分)にするのは非常に違和感(抵抗感)があります。この話題って確か私もテレビで議論してるの見たことあるなぁ。。

格子切りというのですね.
お好み焼きをシェアするときは,私も4等分が限度でしょうかね.

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼きのきり方:

« ベートーヴェン 交響曲第7番 | トップページ | 自動改札 »