最近のトラックバック

平積み大作戦

« 鎌倉の紅葉 | トップページ | Display of Christmas lights »

2005年12月11日 (日)

新しき国へ

「義経」最終回でした.

ドラマの最終回はたいてい期待しているだけにがっかりするのですが,あらかじめ期待をせずに見るとそうでもないですね.

後半で頼朝(中井貴一)がひとり持仏堂で泣く場面がありましたが,中井さんの役者を感じさせられました.

昨日覚園寺(かくおんじ)(鎌倉市:北条貞時建立)に遊びに行ったとき,お寺の方から「当時は,怨霊を恐れて薬師様を祀った」とのお話しを聞きました.政敵は一族を滅ぼすのが当たり前だった当時としては納得がいくような気もしました.(平成の日本に暮らすわたくしにとっては,政治的に対立するからといって一族を全て根を絶やしにするのは,到底理解できませぬが...そんなことをして,仏を祀るなんて,なんという矛盾でありましょうや....)

鞍馬寺,また平泉が大好きであり,また幸運にも現在鎌倉に住処をあるものとして,義経にはなにか縁を感じざるをえません.義経の時代から800年以上も経ちますが,「新しき国」ははたしておとずれたのでしょうか...

Kurama鞍馬寺の裏手にあります.若かりし義経が修行中息継ぎをした場所だとか.

Manpukuji 満福寺です.平宗盛らを連れ鎌倉に赴いた義経はここで足止めされ,頼朝に会うことを許されませんでした.腰越状は有名ですね.

ちなみに手前は江ノ電の踏み切りです.

« 鎌倉の紅葉 | トップページ | Display of Christmas lights »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/7574756

この記事へのトラックバック一覧です: 新しき国へ:

« 鎌倉の紅葉 | トップページ | Display of Christmas lights »