最近のトラックバック

平積み大作戦

« ビジネスコーチング(2) | トップページ | 幻想交響曲 »

2005年10月23日 (日)

ビジネスコーチング(3)

ビジネスコーチの基本概念

メンバとの間に信頼関係をつくる

ビジネスコーチングがメンバの長期的で深いところからの変化を扱っているため,その成果はメンバの内面的要素によって左右されます.メンバがビジネスコーチの指導を心から受け止めて始めて,ビジネスコーチングは成立するのです.つまり,ビジネスコーチとメンバ相互の信頼関係が何にもまして重要といえるでしょう.

メンバとの間に信頼関係を構築していくポイントは,まずビジネスコーチがメンバを信頼するところから始まります.自分を良く評価されると,評価した人に対して好意を抱くようになります.これを心理学用では「好意の返報性」と呼んでいます.これによって,いったん両者の間に良好な信頼関係が成立すると,それが契機となって,その信頼関係はよりいっそう強まっていきます.

メンバに対するビジネスコーチの基本的な姿勢としては,評価的ではなく,育成という観点から見ることが重要です.つまり,長期な視点を持つということ,かつ長所短所を含めたあらゆる角度からメンバを見つめていくということが大切なのです.

メンバを正しく理解し,メンバの立場に立つ

ビジネスコーチングを行っていくうえでは,メンバを育成的な視点から見つめていく姿勢と,さらに一歩踏み込んでメンバの立場に立つということが求められます.この指導されるメンバの立場に立って最も効果的な学習の方法を探るアプローチを「メンバオリエンテッド」と呼ばれ,また,私たちは何かを感じたり,考えたり,あるいは行動を選択する場合によりどころとなる枠組みをもっていますが,この枠組みのことを「準拠枠」呼びます.

ビジネスコーチングを可能にするためには,メンバオリエンテッドの発想を原点にすえて,メンバの立場に立つことが重要ですが,そのためには,自分の準拠枠からいったん離れて,メンバの準拠枠に立つことが求められます.つまり,メンバにはどう見え,どう考えられ,どう感じられているのだろうかと自問自答することが大切となるのです.

異質なメンバを受容する

世代間のギャップが大きかったり,メンバを異質な存在だと感じられるほど,ビジネスコーチはメンバの考え方や行動を変えようという意識を強くもちがちです.しかし,人はだれでも他人から変わるように強制されると,防衛的になるものです.強制を感じさせない安心感のあるビジネスコーチングによって初めて,メンバは問題に気づき,考え方や行動を改めていくことがでるのです.つまり,「相手を変えようとするな,わかろうとせよ」です.

受容されているという心理的な安心感の中で,メンバは次のようなことを鮮明に感じ取るようになるといわれています.

l         自分としては正しいと思っていることも,人によってさまざまな見方があること

l         現在の状況下で自分に何が着たいされているのか,今何をしなければならないのか

l         自分の行動にどういった問題点があったのか

つまり,自らの姿をありもままに見つめることができるようになり,また自らの可能性にも目を開くことができるようになるのです.

また,受容によるビジネスコーチングは,メンバの異質な面は個性として尊重されることになり,最終的に職場の中に創造性の芽を生み出す鍵になるのです.

メンバをみるときに陥りやすい落とし穴

ビジネスコーチはメンバを受容するために,まず自分自身にある人を見るときの「ゆがみ」を取り除かなければなりません.

次の表はある女子大生が,好意をもっている男子から受けた場合の感情が左側に,そして嫌いな男子から受けた場合の感情を右側に示しています.

好きな人

対人行動

嫌いな人

好感・うれしさ

なじみ・好感

なじみ・愛情・気安さ

寂しさ・悲しみ

寂しさ・悲しみ

怒り・悲しみ・苦しみ・くやしさ

甘え・好感

好感・感謝

友好的行動

依存的行動

服従的行動

回避的行動

拒否的行動

攻撃的行動

支配的行動

援助的行動

けむたさ・嫌悪感

けむたさ・嫌悪感

けむたさ・嫌悪感

嫌悪感

嫌悪感・怒り

怒り・嫌悪感・憎悪感

怒り・嫌悪感・くやしさ・不満

気味悪さ・くやしさ・嫌悪感

このように私たちは相手に好意をもっているか嫌悪感をもっているかで,同じ行動を受けても,まったく違った感情をもってしまうのです.

そこでビジネスコーチは,まず自分自身にある人を見るときの「マイナスの見方」や「ゆがみ」に気づく必要があるのです.

〔主なゆがみ〕

(鋳型癖)

メンバを無理に自分のつくった鋳型にあてはめてしまう見方.

例えば,彼は楽天家,彼女は気難し屋,お人よし等,このようなビジネスコーチのもとでは,メンバの個性は著しく抑えられてしまします.

(酷似癖)

メンバを知っているだれかに似ているとしてしまう見方.

例えば「彼はA氏にそっくりだ」と理解すると,A氏と同様な部分は認識されるが,その他の部分が認識されなくなってしまいます.

(合格・不合格癖)

物を検査するかのように,メンバを合格か不合格で即断してしまう見方.

いったん合格と評価されると万事が優れていると判断されるが,不合格の烙印を押されると万事が劣っているとされてしまう.

(公式化癖)

前もって決めておいた様式に分けて,束ねてしまう見方.

例えば「最近の新人は甘やかされて育っているから〜」「年配社員は放っておくにかぎる」といった具合に,一人ひとりの個性を理解する責任を放棄してしまっています.

« ビジネスコーチング(2) | トップページ | 幻想交響曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/6434118

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスコーチング(3):

« ビジネスコーチング(2) | トップページ | 幻想交響曲 »