最近のトラックバック

平積み大作戦

« 都庁 | トップページ | 兼六園 »

2005年9月27日 (火)

ふるさとは遠きにありて思ふもの

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

室生犀星[小景異情−その二]より

(現代語訳)
ふるさとは遠くにあって思うもの
そして悲しく歌うもの
例え
落ちぶれて 異土の乞食になったとしても
帰るところでは無いだろうなあ
ひとり都の夕暮れに
ふるさと思い涙ぐむ
その心をもって
遠いみやこに帰りたい
遠いみやこに帰りたい

金沢に遊びに行ってきました〜

特に室生犀星ファンではないですが,有名な詩なので載せてみました.

小生にはない感覚でござるな.

Fuji 行きの飛行機で富士山が綺麗に見えました.Lucky!

JR_Kanazawa JR金沢駅です.

Bungakuhi 室生犀星の文学碑だそうな.

« 都庁 | トップページ | 兼六園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133559/6204963

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさとは遠きにありて思ふもの:

« 都庁 | トップページ | 兼六園 »