最近のトラックバック

平積み大作戦

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

花街を訪ねて

金沢には「ひがし」「にし」「主計町(かずえまち)」の三つの茶屋街がある.格子が連なる町並みには花街らしい艶(つや)があり,芸に生きる女性の凛とした心意気が伝わってくるようだ.

P1010011 <ひがし茶屋街>

街の中を歩くと,しずかにお香がかおります.

観光地だというのに,独特の静けさがあり,懐かしさを感じます.

Hanamachi02残暑の厳しい折ですが,ススキが秋を語ってくれますね.

Hanamachi03 路地の突き当たりに,昔ながらの商店が.

Hanamachi04 <にし茶屋街>

Hanamachi05 茶室内

Hanamachi06 <主計町(かずえまち)茶屋街>

手前が女川と呼ばれる浅野川.

2005年9月29日 (木)

人呼んで忍者寺

忍者たるもの,次の五訓を守るべし.

  • 服装を整えて入るべし.目に余る軽装や遮光眼鏡(サングラス),帽子は控えよ.
  • 堂内では静粛に巡観すべし.酒気おびる者,類する者,断じて入ってはならぬ.
  • 仏具や器物などに手を触れるべからず.
  • 禁煙,撮影不可じゃ.
  • 幼児,未就学児は外で遊んでおれ.

Ninja妙立寺(みょうりゅうじ)は,そのつくりから「忍者寺」と呼ばれている.中二階,中々二階などの複雑な構造の中に,部屋が23,階段が29,落とし穴やどんでん返しなどもあり,なかなか面白い.伊賀の忍者屋敷の比ではない.

金沢へ行ったら必見でしょ.ただし,予約が必要じゃ〜.気ヲツケロ!(←ここだけ長井秀和風)

そうはちぼん伝説の里を訪ねて

「そうはちぼん伝説」

 秋の日暮れていつしか夜となるや,西山(眉丈山)の中腹を東より徐々に西に移り行く怪光を「そうはちぼん」,あるいは「ちゆうはちぼん」と云ふ.

 桜の花が散った夕暮れ時分,眉丈山の中腹から上の方に幾つもの火の玉が出て,横に連なって一の宮の神様の方角へ歩いていった.不思議な火の玉で,人々は「そりゃそうはちぼんが出たわい」というた.「そうはちぼん」については,こんな話がある.

 何千年もの昔,今の邑知潟はまだまだ広かった.一の宮の権現様は,この潟の水を引かせて,田んぼにしたら民百姓はみな裕福に暮らせると考えとった.それには正八坊(そうはちぼん)という坊様が持っている「潮干の珠」がどうしてもいるので,権現様は一計を案じた.綺麗な女に化けて正八坊(そうはちぼん)のところに行き,精一杯上手をいうて酒をたらふく飲ませ,酔いつぶれた隙に「潮干の珠」を抜き取り,一の宮の奥に隠れてしもうた.めざめた正八坊(そうはちぼん)は「ただではすまされん」と一の宮に怒鳴り込んだ.そしたら権現様は「一番鶏が鳴くまでにもう一ぺん来い」というた.権現様は正八坊(そうはちぼん)が大の寝坊で,一番鶏が鳴くまでに起きられん男やという事を知とってそういうたがや.正八坊(そうはちぼん)はなんとしても珠が欲しい,そんでも朝早う起きられんで珠を取りに行かれん.そんなことを繰り返しとるうちに,頭が狂うて死んでしもうた.それで正八坊(そうはちぼん)の亡魂が火の玉となって眉丈山の中腹をさまよい歩くがやと.

 羽咋は以前は繊維産業がさかんであったが,それも廃れたため,昭和59年に地元青年団が町興しをしようということになったそうだ.いろいろ調べてみると,羽咋には「そうはちぼん伝説」なるものがあり,精力的にマスコミに宣伝をしウォールス・トリート誌やプラウダにも紹介されることとなったとのことである.

Hakui02 JR西日本七尾線羽咋駅.ローカル線の単線,昼間は1時間に1本程度しかダイヤがない.でも,駅員は女性でした.

Hakui02 コスモアイル羽咋.1階が市立図書館,2階が宇宙科学博物館.3階が最新鋭のプラネタリウム.右のロケットは「マーキュリー計画」使用されたマーキュリーレッドストーンロケット(1段目,2段目実物).

Hakui03 アポロ月面着陸船(アポロ17号をもとに作られた実物大模型).外観は実物と同じ素材を使用しているらしい.

Hakui04 ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(実物).発癌性物質が付着しているので,触るべからずと警告があった.

2005年9月28日 (水)

溺死者発見!?

大変なことになってしまった.せっかく金沢に遊びに来たというのに.こんな事故に遭うなんて!

21art01 なにやら,みな心配そうにプールの中を覗いているぞ.

21art02 ひっ,人が水中に〜〜!!

というのは「うっそー」です.(^。^)

金沢21世紀美術館のアート作品なのだ!

21art03 「タレルの部屋」

空がキャンバスになっている.

(要するに天井に四角く穴が開いている)

21art04 部屋の中.

兼六園

言わずと知れた日本三大庭園(水戸偕楽園,岡山後楽園)の一つ.

季節がはずれの残暑,風はあまりなく少し汗ばむ感じである.

園内は緑一色,日差しの強さに音があまり感じられない.

Kenroku01

真弓坂入り口

Kenroku02

兼六園の紹介ではよく出てくるところ

Kenroku03

冬前になるとここに雪つりがされ,ニュースで紹介されます

Kenroku04

ちょいといっぷく

Kenroku05

自然の水圧で上がっている.日本最初の噴水だとか.

2005年9月27日 (火)

ふるさとは遠きにありて思ふもの

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

室生犀星[小景異情−その二]より

(現代語訳)
ふるさとは遠くにあって思うもの
そして悲しく歌うもの
例え
落ちぶれて 異土の乞食になったとしても
帰るところでは無いだろうなあ
ひとり都の夕暮れに
ふるさと思い涙ぐむ
その心をもって
遠いみやこに帰りたい
遠いみやこに帰りたい

金沢に遊びに行ってきました〜

特に室生犀星ファンではないですが,有名な詩なので載せてみました.

小生にはない感覚でござるな.

Fuji 行きの飛行機で富士山が綺麗に見えました.Lucky!

JR_Kanazawa JR金沢駅です.

Bungakuhi 室生犀星の文学碑だそうな.

2005年9月17日 (土)

都庁

P1010001 P1010009

はじめて,都庁の展望室へ行ってみた.

週末だというのに,がらがらすかすかだった.P1010002

都庁ができあがった時には長蛇の列だったのに...

なんか,もったいない気がした.P1010005

石原さんがんばれ!

2005年9月11日 (日)

衆議院議員選挙

P1010003 衆議院議員選挙に行ってきた.

小泉さんは,郵政民営化をすることが国民の利益につながるといっているが本当だろうか.

政府や,マスコミが声高に何かを主張するとき,少し斜めの見方をする必要があるように思う.

日本はアメリカほどひどくはないと思うが...

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »